Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ダルビッシュと本田圭佑が木村花さんを傷つけたSNS誹謗中傷対策で共闘…

加害者に制裁を加えるには裁判を2回起こす必要があるので金と時間がかかる。1回目は発信者情報開示請求の申し立ての裁判を起こし、名前と住所の開示をプロバイダーに求めます。開示されたなら2回目、名誉毀損で刑事告訴、慰謝料損害賠償で民事訴訟になります。匿名で中傷してる奴らが震え上がるぐらい徹底的にやって欲しい。裁判費用の寄付が必要なら、募金してもいいと思います。

同じ空間で顔を合わせたことは、おそらく一度もないはずだ。それでも自らが主戦場とするスポーツの領域だけにとどまらず、政治や経済、社会問題を含めた幅広いテーマへ「黙ってはいられない」とばかりに、ツイッターを駆使して持論や意見を発信してきた姿勢には共鳴しあっている。

23日未明に22歳の若さで死去した女子プロレスラーの木村花さんが、生前に出演していた恋愛リアリティー番組内での言動に対して受けていた、誹謗中傷に苦悩する投稿をSNSへ発信し続けていた件で、元日本代表の本田圭佑が「弱い人を狙うな」と怒気を込めたツイートを投稿した直後だった。

日本人のアスリートで最多とされる、約236万人のフォロワー数を誇るMLBシカゴ・カブスのダルビッシュ有も、MLBの開幕へ向けて練習を積み重ねているアメリカ・アリゾナ州から反応。日本の日付が24日に変わった直後から自身のツイッター(@faridyu)へ、誹謗中傷を「立派な集団リンチ」と非難した上で20件近いつぶやきを立て続けに投稿。そのなかにはこんな持論も綴られていた。

「面と向かって言えないことをSNSやったら言っていいって誰が決めたんやろ? あと『スルーすればいいじゃん』とか『相手しないほうがいいですよ』は『貴方が嫌なこと言われているのわかっているけど我慢しなさい』と同じようなことなので言わない方がいい。」(原文のまま・以下同じ)

ツイッターを利用しはじめて11年目を迎えているダルビッシュは、自己紹介の欄で「リプいただいたらたまにいいねやリツイートします。匿名の方からの意見は自由ですが、相手にしませんのでご理解を。」とやや挑発的に宣言している。連投ツイートのなかでは「誹謗中傷する人に効く言葉3選。」と題して、自身の経験のなかで生み出された対処法を紹介している。

「・おめでとうございます。・それは良かったです。・あなたが幸せそうで私も幸せです。基本的に相手の文に関係なく上の3つをランダムに使い続けるだけでクソリプマンたちはいなくなります。大事なのは相手がAIだと思い、自分もAIになりきること。お使いください。」

投稿から1日の間にリツイートは8万に、寄せられた「いいね」は31万を超えた。「煽っているように見えて、誹謗中傷が酷くなるんかと思ってた」と驚きを伝えるリプライに、ダルビッシュは「相手は感触のないサンドバッグを殴り続けることになるのでいなくなりやすいです」と返してもいる。

さらにはバッタの大群に取り囲まれている人間の写真を3枚投稿。その上で「たまーに来る誹謗中傷をスルーしただけで対処法わかってますって感じの人へ。著名人への誹謗中傷はこんな感じです。」や「この人たちに『スルーしなさい』って俺は言えない。」と続けてつぶやいた。

無数のバッタが絶えず浴びせられる誹謗中傷を、一人で戦っている人間が標的にされたアスリートを含めた著名人を、指しているのは明白だった。視界をさえぎるほどのバッタを無視していては、前へ進むことはできない――ダルビッシュの主張は、画像を介して痛いほどに伝わってきた。

そして、バッタの写真が添えられた投稿から約1時間半後。所属するボタフォゴが本拠地を置くブラジル・リオデジャネイロから、本田が利用して4年目になる自身のツイッター(@kskgroup2017)へ「んーネットでの誹謗中傷が犯罪という認識はなかったなー。」で始まるつぶやきを投稿した。

「多分イタリアのサッカースタジアムで試合に負けた日には誹謗中傷が日常やったからかな。」

本田の脳裏に浮かんだのは、2013-14シーズンの途中にCSKAモスクワから加入し、自身の強い希望で「10番」を背負った名門ACミラン時代だった。クラブそのものも低迷し、本田自身も期待に見合う成績を残せなかった3年半の日々を、かつてこんな言葉とともに振り返ったこともある。

「新しいものを取り入れることが、イタリアはものすごく苦手なんです。歴史を大事にするというか、よそ者をあまり受け入れたくないという文化はいい部分であり、悪い部分でもあるんですけど」

最後のシーズンはほぼ戦力外の扱いを受けながらも、逆境から逃げなかった自負がある。こうした経験が「ちゃんと強い人を狙うこと。」や「俺んところに来い。」といった部分が反響を呼んだ、前日のツイートにつながっている。一夜明けたツイートでも、本田はこんな言葉を続けて紡いでいる。

「解決方法の意見は分かれると思ってて、ただいずれの方法も簡単なことじゃない中で、僕は誹謗中傷をする人を受け入れることで解決できる日を夢みてます。」

新型コロナウイルス禍に見舞われ、世界中でスポーツが中断を強いられていた先月下旬に、本田とダルビッシュは間接的ながらも接点をもつに至っている。スマホなどを通じて音声コンテンツを定額配信する、本田が新たに立ち上げたサービス『NowVoice』に集結した日本人のトップアスリートたちのなかに、メジャーリーガーからダルビッシュが名前を連ねていたからだ。

「本田さんが始めたNowVoiceになぜか自分なんかが入ってしまいました。。iPhoneのマイク壊れるぐらい喋ったろかい!」

ツイートのなかでは「さん」づけで意気込みを語っているダルビッシュだが、実はともに1986年生まれで、本田よりも約2カ月遅れの8月に34歳の誕生日を迎える。これまでもツイッターを介してお互いを認識していたからこそ、動画ではなく音声を届ける新たな試みに参画したのだろう。

誹謗中傷に対するほぼ同じスタンスを図らずもつぶやいた今回のツイートにも、賛同する声が寄せられる一方で、厳罰が下されるべきだというリプライも飛び交っている。なかにはアスリートへ向けられる批判と人格を否定する誹謗中傷とは、似て非なるものだとする意見も見られた。

もっとも根底に流れる、人間を追い込む心ない誹謗中傷は絶対に許さないという思いは変わらない。さまざまな議論が日本社会に巣食う状況を改善させる第一歩になると信じているからこそ、本田とダルビッシュは国境や時差を越えて忌憚のない持論を、批判を恐れることなく発信し続けている。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ