Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国が狙ってるのはホワイト国への復帰だよ!韓国「日本は輸出規制を解除しろ」

日本がフッ化水素など3品目を含めた韓国への輸出管理強化をしたことについて、韓国側が条件を満たしたから解除をしてほしいと要求しているようだ。だがその前日には3品目の供給は十分と発言している。相変わらず何が真実で何がうそなのかがよく分からない。

12日韓国政府は、半導体の核心素材の輸出を規制した日本に対して問題解決についての立場を今月までに明らかにしてほしいと伝えたことは、日本が主張した輸出規制の名分をすべてクリアしたため、問題解決に誠意をもって臨むようにという意味としてとらえられている。

韓国の産業通商資源部(経済産業省に相当)によると、日本政府は昨年7月、韓国だけを対象にフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジストの3品目に対する輸出規制とホワイトリストから韓国を除外した措置を断行した。

日本が輸出規制の名分としている内容に対して韓国政府はその問題をすべてクリアしたとして、韓国産業資源部の貿易政策官は「日本側が輸出規制措置をとり、示した3つの事由が全て解消された状況であることを考慮すると、日本政府がこの懸案解決に動くべき必要・十分条件がすべて備わったことでこれ以上懸案解決を先延ばしすることはできない」とし「輸出規制の強化措置を原状回復させるのにためらう理由がない」と語った。

一応包括許可は去年末に得ていたと思うが、ホワイト国除外も撤回してもらうことでさらに輸入量を多く確保したいんだろう。韓国の考えてることはすぐに見破れる。

供給の安定化を実質的に達成、つまり安定供給できない。

韓国政府は11日、日本政府が昨年7月に韓国への輸出規制強化に踏み切った半導体・ディスプレー材料3品目について、供給の安定化を実質的に達成できたと評価した。素材・部品・装備(装置や設備)のうち輸入に頼る割合が相対的に高い100品目も、在庫確保の水準を平均の2~3倍に引き上げたと説明した。

輸出規制強化を受け、韓国政府は昨年8月、素材・部品・装備の競争力強化策の一つとして100品目の供給安定化を掲げた。

成允模(ソン・ユンモ)韓国産業通商資源部長官はこの日、供給安定化の成果を点検し、国内での投資や輸入代替などの成果を挙げた企業を激励するため、企業側との会合をソウル市内で開いた。

韓国政府によると、日本が輸出規制を強化したフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材、フォトレジスト)は、日本製に代えて米国、中国、欧州の製品を使ったり、外資系企業の投資誘致や韓国企業の生産拡大などのさまざまな対策を動員したりすることで、実質的に供給の安定化を達成した。

フッ化水素は韓国企業が生産能力を2倍に増強できる工場を新増設するなど、国内の需要に十分な供給能力を確保したという。米国や中国製品の試験も終え、一部の製品は現場に投入された。

最先端の極端紫外線(EUV)用フォトレジストは欧州製品へと調達先を多様化した。米化学大手デュポンは韓国に生産施設を設けることを決めた。フッ化ポリイミドは、韓国化学大手が独自に技術を確保して供給先と共に試作品をテストしており、供給能力が大幅に向上する見通しだ。

“供給の安定化を実質的に達成”という物言いから考えれば、まだ達成できてないと考えるのが自然かもね。韓国政府の言葉はうそだらけだ。韓国民の愛国心をなだめるためにこういう風に言ってるのかもしれない。

フッ化水素は試験を終えて一部が現場に投入されただけだし、フッ化ポリイミドも試作品のテスト段階みたいです!韓国はほとんど問題を解決できていないということが見て取れるね。

韓国が狙ってるのはホワイト国への復帰だよ。ホワイト国という名前は消えたが、韓国が西側諸国陣営から外される象徴となった去年のあの動きを韓国は容認できない。だから形式だけでも戻して米国に守ってもらうようにしたいわけだ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ