Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国アシアナ航空、買収契約破棄の恐れ!大韓航空も同様に資金繰りに窮する

韓国のアシアナ航空買収の件だが、買収元のHDC現代産業開発が買収の意思を見せなくなっていることから契約終了を示唆されているという。去年の12月27日に契約を締結して、6カ月後までに増資を完了させることになっているそうだ。タイムリミットは刻一刻と迫っている。なぜか韓国のネットユーザーは喜んでいるようだ。

産業銀行など債権団がアシアナ航空の買収の意思を明らかにしなければ契約を終了することもあるとしHDC現代産業開発を圧迫し始めた。

5日、金融界によると、債権団は先月末、現代産業開発に6月27日の取引終了期限を言及して“この時まで引数の意志があるかどうかを明らかにすだけの契約延長が可能である」という趣旨の内容証明を発送した。

現代産業開発と未来アセット待遇コンソーシアムは昨年12月27日錦湖産業が保有するアシアナ航空の株式30.77%を3228億ウォンに事故、2兆1771億ウォンほどの有償増資を約束する条件でアシアナ航空の経営権を取得する株式売買契約(SPA)を締結し、6ヶ月後の27日までに取引を完了すると約束した。ただし、海外企業積分承認審査など、さまざまな先決条件に応じて合理的な期間だけ終結期限を遅らせることができるようになっている。最長延長期限は今年12月27日までだ。

しかし、債権団は「引数の意志を明らかにしないまま、無条件に期限を延長することは不確実性が大きくなるため、受け入れることができない」と主張したことが分かった。引数の意志を明らかにも、あるいは「プランB」を稼動するという「最後通告」を送信したわけだ。債権団は、現代産業開発が買収を断念した場合、アシアナ航空の債権団の管理体制に転換するというシナリオを用意している。

現代産業開発は、この文書にはまだ特別な反応を出さなかった。財界では、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態に航空業が大きな打撃を受けただけに、現代産業開発がすぐに引数の意思を公表するのは難しいために共感する雰囲気が多い。

アシアナ航空の第1四半期末の負債比率は連結ベース6287%、別枠1万6883%に達している。総1兆1161億ウォンに達する資本金のうち残っているのは、709億ウォンに過ぎない。去る4月から完全資本蚕食状態に陥ったことで、航空業界は推定している。政府は、アシアナ航空の永久まま引数(資本の拡充)やローンなどの方法で、1兆7000億ウォンを支援すると発表したが、これだけでは来る11月まで資金不足を埋めるレベルに過ぎない。来る12月から来年以降の状況は計ることは難しい。

大韓航空も同様に資金繰りに窮する

大韓航空でも似たような報道があって、都心部の空き地をソウル市が公園化しようと安く買い取る話があっただろ?

ソウル市が鍾路区ソンヒョンドン素材の航空敷地補償費として4671億ウォンの予算を策定したことで知られ大韓航空がこれを受け入れることか関心が集まっている。当初の航空会社が、この敷地を購入した価格よりも1771億ウォンが高い価格が、大韓航空が希望するマーケティング6000億ウォンよりずいぶん低く大韓航空の立場では受け入れられない可能性がある。

5日、関連業界によると、ソウル市はソンヒョンドンの航空敷地補償費として4671億ウォンを策定し、これを2022年までに分けて支給する案を用意した。ソウル市はこの敷地を公園化する方針で、すでに4日「北村地区単位計画変更案」を発表した。ソウル市は大韓航空が保有が敷地(3万6642㎡)を用途変更し、文化公園に造成する方針だ。

しかし、公示地価をはるかに上回る補償費ではあるが、大韓航空として4671億ウォンを受けて、この敷地公園化を快く受け入れる長い大変見通しだ。大韓航空は、この敷地の価値を最小6000億ウォン水準とみなす。

大韓航空は、当初、この敷地に高級韓屋ホテルと複合文化団地の開発を推進する目的で、2008年6月2900億ウォンを与え購入した。しかし、各種の規制を解決しないのに、12年間の敷地をそのまま放置する状態だ。これまでの航空が行った金融費用と税金負担額だけでも数千億ウォンに達することが分かった。大韓航空がソンヒョンドンロット価格を最小6000億ウォン水準で見たことも、このような算法が敷かれている。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ