Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

スペースX、韓国軍の通信衛星を来月打ち上げ!これは驚き

5月に民間有人宇宙船を打ち上げて宇宙開発のパラダイムを変えたイーロン・マスク氏の宇宙探査企業スペースXが、7月に韓国軍専用の通信衛星を搭載したロケットを打ち上げるという報道が出てきた。

航空宇宙専門メディアのスペースフライトナウは11日(現地時間)、7月に発射を控えたスペースXのロケットに韓国軍の通信衛星が搭載されると伝えた。この通信衛星の名称は「アナシス2号」。

スペースフライトナウは「フランスのエアバス工場で韓国軍のために製作された通信衛星が今週ケープ・カナベラルに到着し、7月の打ち上げに向けた準備に着手した」と伝えた。また、業界筋を引用し、「アナシス2号はアントノフAn-124貨物機に載せられて仏ツールーズからフロリダ発射基地に運搬された」とし「スペースXチームは韓国軍の通信衛星をテストし、燃料を注入するだろう」と伝えた。

エアバスも自社のホームページで、仏ツールーズのエアバス工場から米国の打ち上げ場所にアナシス2号の運送を完了したと明らかにし、「アナシス2号は韓国のために製作され、広い地域で保安通信網を提供することになるだろう」と説明した。

テスラ関連の情報を専門的に伝えるオンラインサイトのテスラリティによると、発射日程は7月第2週という。ケープ・カナベラルは米フロリダ州東側の小さな島で、スペースXは先月30日にここから民間有人宇宙船「クルードラゴン」を打ち上げた。

アナシス2号は韓国軍と米ロッキードマーチン社のオフセット取引で製作された。オフセット取引とは武器販売国が購買国に技術移転や反対給付を提供する方式で、韓国軍は次世代戦闘機にF35Aステルス戦闘機を選択し、ロッキードマーチンは軍通信衛星1機を提供することにした。ロッキードマーチンはその後、エアバスと軍通信衛星製造のための契約を締結した。

スペースフライトナウによると、アナシス2号はエアバスの通信衛星「ユーロスターE3000」を基盤に製作された。しかし詳細な諸元は明らかにされていない。

韓国政権が技術の国産化を叫んで、マスコミがあれもこれも出来た出来たと報道したところで、衛星の製造も打ち上げも外注。軍用なんだし、こっそり打ち上げとけば良いのに、話題のスペースXに関わりがあったところでなんの自慢にもならないのに。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ