Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

戦闘機の機密盗む、韓国企業役員が米国で起訴!韓国ネット「愛国者じゃないか」

2020年7月10日、韓国・朝鮮日報によると、米国の先端戦闘機、ミサイル、ドローン(小型無人機)などを制御する機密技術を持ち出したとして、韓国の軍事企業の役員が米国で起訴された。

記事によると、この役員は2007年9月まで米国のA社で戦闘機の武装システムのソフトウェア開発に、同年10月から08年10月まではB社のミサイル関連ソフトウェアの開発にそれぞれ携わり、11年に韓国に帰国した。役員が関与した技術は米国外に持ち出すことができない機密事項だった。

米検察は「ミサイル、ロケット、魚雷、爆弾の制御、飛行機の隊列に関する技術だった」と説明しているという。

韓国メディアのこれまでの報道では、この役員がロッキード・マーティン、レイセオン(現レイセオン・テクノロジーズ)、ボーイングなどに勤務し、米空軍の最先端戦闘機F-22「ラプター」のシステム設計責任者だったとされてきた。今回、起訴状では説明されていないが、役員の持ち出した情報は「ラプター」に関するものではないかと、記事は指摘している。

韓国に帰国した役員は11年11月にN社を設立。同社は米軍事機密に関係する業種ではなかったが、14年11月に韓国航空宇宙産業(KAI)関係者に対し、機密内容を含むプレゼンテーションを行った。ここにA社から得た情報が入っていた。KAI以外の韓国企業に対し機密内容を含むブリーフィングを行ったことも、米検察が明らかにしているという。

この役員は昨年8月に米捜査当局に逮捕され、先月12日に「武器輸出規制法」と「国際武器取引規定」違反の罪を認めた。最高で20年の拘禁刑、罰金100万ドル(約1億700万円)となる罪だが、役員が有罪を認め合意したことから、米政府は「懲役36月以上を望まない」と裁判所に意見を出したという。判決は9月を予定している。

これとは別に米裁判所は先月、韓国人実業家が米国軍事品目を購入し、中国企業に転売したという起訴状を公開した。この実業家は、軍事に転用できる無線周波数増幅器や電力増幅器などを韓国に輸入すると偽って入手し、中国に輸出したという。

この件は捜査開始が14年で、17年にニュージャージー、18年にワシントンで起訴されたが、これまで非公開とされてきた。今になって公開された理由は「中国とセンシティブな技術を取引しようとする韓国企業に対する警告では」とみられているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは

「愛国者じゃないか。こういう人は保護すべきだ」

「F-35を購入する時、レーダー技術をくれると言ったのに約束を破ったのは米国」

「米国は韓国を仮想敵国と見ている。日本には技術を与えてるのに、韓国に対してはこの待遇だ」

「韓国製の兵器が世界市場で脚光を浴びるようになったから、けん制が始まったんだな」

など、技術を不正に持ち込んだ被告を「愛国者だ」とするコメントが多く寄せられている。

また、「韓国も米国を見習うべきだ。先端技術を中国に漏らしている売国奴を厳罰に処す必要がある」などの意見も見られた。

さすが韓国、自国では何も開発できない後進国。

技術は技術でしか買えない。カネ積んで買える技術は、陳腐化した技術。

たとえば、日本のF2戦闘機の開発、米国はカーボンモノコック技術やAESAレーダー等々を手に入れている。韓国がKFX開発で米国に技術供与お願いして拒否されたAESAレーダですよ。大元は日本ですから。

韓国の技術って、売れる技術・・皆無なのよ。何故ならすべてが他国のコピー、供与だから。いわば全てが組み立て工場なの。最近の韓国人は、他の国におんぶにだっこの韓国を正しく見ることが出来ずに、勘違いしている。何年も前から指摘しているが、聞く耳もたずで、対話不能、俺は完全に見捨てた。最近は日本に取って害悪になってるので早々に潰したほうがイイ。 
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ