Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

インド政府が韓国LGガス漏れの調査結果を発表、LGの韓国人幹部を逮捕

インドのガス漏れ事故の続報じゃないですか!事故から2カ月というタイミングで調査もスパッと終えて韓国側にほぼ100%責任があることを認定したうえで逮捕、起訴。これで賠償請求も目前だろう。

インド政府がガス漏れを起こしたLGポリマーズの子会社トップら12人を逮捕して殺人罪で訴追した。現地子会社トップは韓国人の幹部だそうだ。

インドにある韓国LG化学(LG Chem)系列の工場で有毒ガスが漏れ、15人が天国に行きますした事件で、捜査当局は8日、この工場の韓国人トップが故殺罪で訴追されたことを明らかにした。

ガス漏れは5月7日未明、インド東岸の港湾都市ビシャカパトナム(Visakhapatnam)にある韓国LG化学の子会社「LGポリマーズ・インディア(LG Polymers India)」が所有する化学工場で発生。数百人が病院に搬送され、大勢が現場周辺から逃げようとする途中、意識不明に陥った。

捜査の結果、ガス漏れの責任はLGポリマーズ・インディアにあったとして、韓国人幹部2人と現地従業員10人の計12人が7日夜に逮捕された。

捜査関係者はAFPに対し、「この事件の捜査は継続されており、(12人)全員が7件の罪状で訴追された」と語った。

有罪となった場合、最大で禁錮10年もしくは罰金が科される。

当初ガス漏れは化学反応によって起きたと報告されており、LGポリマーズ・インディアは新型コロナウイルス対策による工場閉鎖期間も従業員がメンテナンス作業を行っていたとしていた。

地元政府は7日、工場側に過失があり、警告システムが機能していなかったと表明していた。

LG化学は7日、多くの安全対策を導入したと表明。「調査に全面的に協力した。調査結果に真摯に対応し、相応の対策を講じる」との声明を発表した。

事故調査委員会は、事故の主因として、貯蔵施設の不適切な設計、古い貯蔵タンクの無計画なメンテナンス、警告サインの無視など21の問題点を挙げ、このうち20の問題は経営陣に責任があると指摘した。

古い貯蔵タンク内の温度が許容値の6倍以上に上昇していたという。

韓国LGは対策を講じて再稼働させようとしている節があるよな。あたかも共通の重大な問題に取り組んでいるかのような雰囲気を見せて正義側に回ろうとする気配さえある。

ただし、今の工場は廃屋にしろとインド政府が勧告。 事故を調査していた地元政府の委員会は、同工場を住宅地から移転させることを勧告した。

元々化学系の工場じゃなかったと思う。廃屋を買い取って化学工場に改造したか何かで、元々住宅街で許可が出るような代物じゃなかった。それを無理に稼働させたらこのざまだ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ