Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本風ゲームが信じがたい理由により韓国で発売制限されて日本側唖然

PlayStation4版ゲーム『Ghost of Tsushima』が7月17日に発売される。このゲームは文永(十三世紀後半)を舞台としたゲームで、主人公の境井仁はモンゴル帝国から故郷を守るため、侍道に反する戦い方に手を染めることに決心するというもの。

同作は韓国でも7月17日に発売予定だったが、限定のコレクターズエディションの発売が中止となってしまった。コレクターズエディションにはゲームの他に境井仁のマスク、ふろしき、スチールブックケース、デジタルミニアート、地図が含まれており21万3800ウォン(約2万1380円)となっていた。

問題はコレクション版に入っている地図で、対馬が日本地図と表記されていることから、一部の韓国人が今でも対馬は韓国の領土と主張しているため配慮のためにコレクターズエディションは発売中止となったようだ。

ただスタンダード版とダウンロード版は通常通り発売され7月17日より韓国でも遊ぶことが可能。なお日本ではコレクターズエディションは無くデラックスエディションというものに置き換わっている。

一方、日本企業が韓国との取引を突然中断して韓国製造業の3割が倒産の危機に陥ったと判明。

製造業の根幹となる鋳物・金型・塑性加工・溶接・表面処理(めっき)・熱処理など業種で約55万人を雇用している3万3000余りの韓国中小企業が「連鎖倒産」の危機を迎えている。

京義道始華(キョンギド・シファ)地域のめっき加工会社などの6月の平均稼働率は30-40%と、1年前(70-80%)の半分に落ちた。京義道半月(バンウォル)めっき事業協同組合所属62社の6月の平均稼働率は24.1%と、過去最低となった。

韓国鋳物工業協同組合のソ・ビョンムン理事長は15日、「全国の鋳造会社約600カ所を調査した結果、先月の売上高は前年同月比で50%以上減少したことが分かった」と述べた。韓国金属熱処理工業協同組合のチュ・ボウォン理事長は「政府が何らかの対策を出さなければ、年末までに中小製造業者の30%は閉鎖するだろう」と予想した。

日本の一部の自動車部品企業は国内業者との取引をやめて台湾またはベトナムに取引先を変更したと伝えられ、「輸出」も厳しい状況だ。ある中小企業代表は「日本企業が数十年間続けてきた取引を最近、突然中断した」とし「両国間の貿易紛争のためとみられる」と話した。

慶尚北道(キョンサンブクド)地域ある鋳造会社代表は「根幹産業が崩れれば自動車も走れず、飛行機も飛べなくなる」とし「政府の一時的な電気料金引き下げなど支援が切実だ」と吐露した。

韓国企業と仕事したら意味不明な訴訟起こされて、あり得ない判決で金を要求されるからな。韓国政府と韓国の裁判所が主導でそれをやる国。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ