Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国、南シナ海に弾道ミサイル4発発射、米領グアムを射程に収めるこ

 米国防当局者は26日、中国軍が中国本土から南シナ海に向けて中距離弾道ミサイル4発を発射したと明らかにした。



中国は25日に米軍偵察機が軍事演習区域を飛行したと非難したばかり。今回の発射には中国の南シナ海領有権主張を否定し、経済・軍事両面で対中圧力を強めるトランプ米政権をけん制する意図があるとみられる。


当局者によると、弾道ミサイルは南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島と海南島に挟まれた航行禁止海域に着弾した。「ミサイルの種類については現在分析中」という。



これに先立ち、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは中国軍が対艦ミサイル2発を発射したと報じていた。それによると、中国軍は26日午前、内陸部の青海省から「東風26」(推定射程4000キロ)、沿岸部の浙江省から「東風21D」(同1500キロ)を1発ずつ発射。中国軍筋は「米軍が頻繁に軍用機や艦艇を南シナ海に派遣し、潜在的危機を高めていることに対する中国の返答だ」と警告した。


東風26は米領グアムを射程に収めることから「グアムキラー」と呼ばれ、対艦攻撃も可能とされる。また「海上の大型艦艇を正確に攻撃できる」(中国国防省)といい、東風21Dと並んで「空母キラー」の別名もある。 



中国の南シナ海へのミサイル発射は、事前の予告付きでのアメリカへの強いけん制。アメリカ軍がこのところ、頻繁に軍用機や艦艇を南シナ海に派遣していることへの対抗措置とみられる。


中国国防省は8月25日、人民解放軍が演習向けに設定した飛行禁止区域に米軍の偵察機が入ったと抗議していた。


日本のイジースアショア中止決定後、米インド太平洋軍司令官のフィリップ・デービッドソン海軍大将は、アメリカ軍がグアム島にイージスアショアを配備することを公表した。それだけアメリカは中国の弾道ミサイルの脅威を感じていると言うこと。



中国はこうしたこともすべて計算に入れ、あえてグアムが射程に入るDF(東風)26を発射した可能性がある。


今回のDF-26発射の動きは事前に中国側から警告区域の設定を公表された時点で予想されていました。米側はU-2偵察機やRC-135S弾道ミサイル追跡機を飛ばしてデータ収集を行っています。


DF-26はこれまで公開された写真からはアメリカのパーシング2中距離弾道ミサイルによく似た形状をしています。もしDF-26対艦弾道型がこれだとすると、洋上移動目標への命中精度はそれほど高くないと考えられます。



パーシング2弾道ミサイルの場合、弾頭が大気圏突入後にプルアップして機首を引き起こし、滑空に入ることでブレーキをかけて減速し、速度を落としてから終末誘導に入ります。速度が速過ぎるとセンサー的にも空力的にも誘導が困難だからです。


DF-26がパーシング2同様の動きを行うとしたら、技術的には40年近く前のものであり、意外と古い設計ということになります。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ