Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓半島に爆撃機6機を飛ばした米国!ロシアも6機で対抗

 米国とロシアが韓半島(朝鮮半島)など東アジア上空で衝突する様相だ。米国が韓米連合訓練期間にこの地域に爆撃機を飛ばすと、ロシアもすぐに爆撃機を出撃させて対抗した。


軍当局によると、戦略爆撃機Tu-95MS(2機)、スホイ(Su)系列戦闘機(2機)のロシア軍用機4機が19日昼12時ごろ、


20分間にわたり竹島・日本海上近隣の韓国防空識別圏(KADIZ)に進入したという。これら軍用機のKADIZ進入は、韓国・日本防空重複区域に沿って南下し、日本の防空識別圏(JADIZ)に抜ける過程であった。JADIZではロシア軍用機2機が加わり、計6機が空中訓練をした。


韓国軍当局はロシア軍用機のKADIZ進入直後、F-15K、KF-16など空軍戦闘機を緊急投入した。軍関係者は「わが軍がロシア軍用機に警告通信を試みたが、応答がなかった」と伝えた。日本の航空自衛隊もJADIZ進入後に戦闘機を出撃させたという。


防空識別圏(ADIZ)は領空ではないが、他国の航空機が進入する前に事前通報するのが国際的慣例だ。ロシアはすべての国に対してADIZ概念を認めていない。軍関係者は「事前にロシア側の通知はなかった」とし「韓国領空を侵犯しなかったため、監視飛行と警告通信のほかには戦術措置を取っていない」と説明した。


昨年(20回余り)に比べて今年は減少していたロシア軍用機のKADIZ進入が現時点に発生したのは、最近の米国の爆撃機出撃に対する対応レベルと解釈される。


米国は17日、B-1B戦略爆撃機4機、B-2スピリットステルス爆撃機2機の計6機の爆撃機を大韓海峡(日本名・対馬海峡)と日本近隣上空に送った。B-1Bの2機は米テキサス州ダイス空軍基地から、別の2機はグアムのアンダーセン空軍基地からそれぞれ出撃し、B-2はインド洋のディエゴガルシア島から飛行した。複数の地域で作戦が始まり、東アジアで1カ所に集まる異例の「同時作戦」だった。


これを受け、米国が中・露・朝を狙って全地球的打撃能力を誇示したという評価が出ている。ロシアは昨年11月27日にTu-95MSを東アジアに送ったのを最後に、最近はこの地域で特別な動きを見せていなかった。


ロシアが戦略爆撃機を出撃させた点も、米国の爆撃機作戦を意識したものと分析される。Tu-95MSは航続距離が1万5000キロで、搭載したKh-55空対地ミサイルは射程距離が3000キロにのぼる。航続距離1万2000キロのB-1B、B-2に対抗できる長距離攻撃戦力だ。


米国とロシアはこの地域での軍事的行動についてそれぞれ正当性を主張し、「言葉」でも衝突した。ロシア国防省は19日、「東海と太平洋北西部の公海上空で定例飛行をした」とし「ロシア航空宇宙軍所属の軍用機のすべての飛行は、空中利用に関する国際法規定を徹底的に遵守する中で行われている」と主張した。


一方、米空軍の戦略的抑止および核統合担当副参謀長のクラーク中将はこの日、あるフォーラムで、最近の米爆撃機出撃について「抑止措置だけでなく、我々の同盟国に対する保障措置として存在する柔軟かつ可視的な戦力という点を確実に理解させるための行為」と強調した。


結果的にロシアの今回のKADIZ、JADIZ進入には、韓・日・米に対抗し、東アジアでの影響力を放棄できないという意図が込められているという点で、今後の軍事的緊張は避けられないという見方が出ている。


軍当局者は「ロシアがKADIZ進入を定例飛行と表現したのは、今後もここで訓練を続けるという意味」とし「米国とロシアの武力示威の程度がさらに高まる可能性がある」と予想した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ