Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

台風8号は非常に強い、韓国に強風による被害をもた!沖縄本島が総雨量はすでに200mmを超える

 8月23日(日)10時の推定位置で、台風8号(バービー)は沖縄・久米島の西の海上を北北東に時速15kmで進んでいると見られます。宮古島や久米島に加え、沖縄本島もまもなく強風域に入る見込みです。


明日24日(月)にかけては速度をあまり上げずに東よりに進むため、沖縄は断続的に激しい雨が降り、暴風や高波の続くおそれがあるため厳重な警戒が必要です。


23日午後3時基準で台湾・台北の東北東側約330キロ付近の海上を時速11キロの速度で東北東に進んでいる。中心気圧は985ヘクトパスカル、強風域の半径は約250キロで、台風の中心の最大風速は時速97キロ(秒速27メートル)。気象庁は23日、「台風8号は台風の目が見えるほど発達し、中国上海付近の涼しい空気に押されて北東に進んでいる」とし「台風は夜中に北東に進み、明日は北に移動する」と明らかにした。


台風に向かって南から湿った空気が流れ込み、先島諸島では断続的に激しい雨が降っています。23日(日)9時までの24時間雨量は、石垣島や多良間島などで200mmを超えました。先島諸島は今日夕方にかけても雨の強まる所があり、総雨量はさらに増える見込みです。


また、沖縄本島周辺でも台風の接近に伴って、午後は次第に雨が強まる予想となっています。明日24日(月)にかけて200mmを超えるような大雨のおそれがあるため、土砂災害や河川の増水、氾濫などに警戒をしてください。


台風は24日(月)以降、進路を北よりに変えて、東シナ海を北上する見込みです。東から張り出す太平洋高気圧の勢力が強まる予想になったことから、九州にはそれほど近づかず、朝鮮半島方面に向かう可能性が高くなっています。


ただ、東シナ海の海面水温が高いため発達を続け、25日(火)には中心付近の最大風速が45m/sに達して「非常に強い」勢力となる予想です。台風に向かって吹き込む南東からの湿った風の影響で、九州などは雨の強まるおそれがあるため、台風が離れて通っても油断をしないようにしてください。


台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。


台風8号の名前「バービー(Bavi)」はベトナムが提案した名称で、ベトナム北部の山脈の名前からとられています。


台風8号が26日から韓半島(朝鮮半島)に時速200キロを超える強風をもたらすと予想される。昨年、韓国に強風による被害をもたらした台風13号(2019年9月6-8日)よりも強いという。


台風8号は26日午後に済州を通過した後、同日夜から27日未明に木浦(モクポ)西側の海上を通過する見込みだ。その後、西海(ソヘ、黄海)上に沿って北上し、27日午前にソウルに最も接近するとみられる。午後には北朝鮮黄海道(ファンヘド)付近の沿岸に台風が上陸すると予想される。


現在「中」水準の台風の強度は「非常に強い」まで発達すると見通しだ。台風8号は済州西側の海上を通過する26日午後には中心最大風速が秒速45メートルに達すると予想される。台風8号は昨年の台風13号と移動経路と規模の面で似ている。西海を北上した台風13号で全国各地に強風による被害が発生した。ソウルでは最も強い風(秒速28.4メートル)を記録した。2002年に大きな被害をもたらした台風15号の場合、韓半島上陸当時の中心気圧が970ヘクトパスカル、最大風速は秒速39.7メートルだった。


台風の強度は中心付近の最大風速(10分平均)によって5段階に分類される。「非常に強い」は秒速44-54メートル(時速158-194キロ)で、人や石を飛ばすほどの強風が吹くということだ。「強い」は秒速33-44メートル、「中」は25-33メートル。「強い」は列車が脱線するほど、「中」は屋根が飛ばされるほどの強風が予想される。


台風の影響で屋根が飛んだり木や鉄塔が倒れるほどの強力な風が吹くと予想される。ソウルなど首都圏も風の被害が大きい。


雨は24日から済州で始まり、26日に南部地方、27日未明には全国に拡大する。済州と智異山(チリサン)付近は最大300ミリ以上、済州の山地は500ミリ以上の雨が降る。全羅道(チョルラド)にも最大150ミリ、その他の地域は30-100ミリの雨が降ると予想される。雨は28日午前まで続く見込みだ。


朝鮮半島で最近の豪雨による水害復旧が完了していない状態で一部の地域にまた多くの雨が降ると予想され。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ