Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国「日本人名義の不動産は清算する」!韓国に投資するような日本人の資産は没収しても構わない

韓国のソウル市が日本人名義の土地や建築物を洗い出して清算することにしたようだ。実際に土地や建物が存在しない場合は記録を抹消し、存在する場合には国有化できるよう調査を進めるらしい。何の意味があるのかよく分からないが、親日積弊清算の一貫ということであれば止めはしない。

韓国は、日本による”植民地時代の残滓”を清算するために、日帝残滓清算に向け調達庁は1948年以降の全国を対象に4文字以上の日本人の名前を基準として過去の土地地番を検収した。その結果出てきたのは約10万4000件。

このうちソウル市は国土交通部(国土交通省に相当)、調達庁、裁判所行政処などの関連機関と不動産情報を共有して、日本人名義の土地262件と建物2760件の計3022件を調査・整理すると今日(6日)発表した。

現在、建物や土地がなくても台帳上に存在する場合は、抹消させる。ソウル市は不動産の公的情報はもちろん、最高裁の登記所に存在する登記簿も整理する。台帳上に存在する建物や土地も実際存在する場合、国有化できるよう、調達庁に移管する計画である。

9月までに現場を確認し、航空写真判読と課税の有無などの調査も行う計画だ。ソウル市関係者は「日帝強占期時代に日本式の名前に変えた韓国国民所有の土地や建物が含まれている恐れがあり現場調査までひとつひとつする計画」と説明した。

今回の事業は、光復(植民地から解放)75周年を迎え、中央政府と地方政府の協力により推進される「不動産の公的帳簿に存在する日本植民地の痕跡の消去事業」である。

ソウル市のキム・ハクチン行政第2副市長は「これまで私たちの実生活に存在する日帝強占の痕跡を見つけ出し、その残滓を清算するために進められる事業。日帝の痕跡を消し市民の便益のために政府と協力して推進していきたい」と話した。

韓国に残した資産って、要するにまた韓国の面倒を見ないといけないということだからね。それはもはや資産ではなく負債なんだよ。だから過ちを反省して韓国から手を引くことこそが重要だ。

というわけで、韓国が自国にある日本人の資産をどうしようが別にどうでもいいし没収するなら没収すればいいというのがまとめになるね。韓国に投資した日本人の方が悪い、確かにそういう時代が来ている。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ