Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ファーウェイが新たな切り札を繰り出してきて日本側を唖然とさせる

 ファーウェイの独自ハイエンドチップ「Kirin」は9月15日以降、生産停止となる。



米国がファーウェイの供給先に圧力をかけているため、傘下のHiSiliconは主力のKirinチップの生産が継続できない見通しだ。ファーウェイのコンシューマー端末事業CEOの余承東氏は「AIチップを製造できなくなるのは我々にとって大きな打撃だ」と述べた。


「Kirinチップの性能、コンピューティング能力は非常に強力だ。これは新しい技術であり、我々はこの分野でリードしている」と余氏は述べるが、米国の規制により米国の技術を使用しているファウンドリ(半導体受託生産会社)がファーウェイのチップを生産することは禁止される。



「残念ながら半導体の製造において、我々はチップの設計は行うが、チップの製造は手掛けていない」と余氏は述べている。


チップの生産ができなくても、ファーウェイには別の切り札がある。昨年、米国による最初の制裁によってファーウェイは、グーグルのエコシステムであるGMS(Google Mobile Service)を使うことができなくなったため、独自のエコシステムHMS(Huawei Mobile Services)の推進を加速してきた。



一般的に海外の消費者がGMSに対して持つイメージは「グーグルアプリの全部乗せ」で、アプリストア(Google Play)、メール(Gmail)、動画アプリ(YouTube)、地図アプリ(Google Maps)、ブラウザ(Google Chrome)など主要なアプリを含むものだ。これらは海外ユーザーが基本的なスマホアプリとして必要とするものだが、米国による制裁が強化されてから、海外で販売されるファーウェイのスマホにはグーグルアプリが搭載されていない。


HMSはチップの生産ができなくなった後のファーウェイの次なるカードとなりそうだ。



ファーウェイ消費者BGグローバルエコシステム業務発展部の章立副部長はインタビューに応じ、ファーウェイが新たに発表したHMS Coreに基づく「次世代ライブ配信ソリューション」について語った。これはライブコマースの際に背景を切り替えたり、商品のスペックをビジュアル化して表示することが可能な機能だ。


「次世代ライブ配信ソリューション」はファーウェイのHMSが描く大きなビジョンの中の1つのピースだ。



「次世代ライブ配信ソリューション」を実現するためにファーウェイは、DV Kit(画角切替)、HiAI(リアルタイム背景)、Camera Kit(ハイビジョン動画)、Wireless Kit(ストリーミングメディアの加速)などのサービスを開放しており、パートナーはデベロッパーコミュニティから必要なリソースをダウンロードし、自由に組み合わせることができる。


HMSをより魅力的なものにするために、ファーウェイは「ベンチャーキャピタル」ともいえる姿勢でオープン化に踏み切っている。



一方、ファーウェイが狙っていたウインボンド経由のパナの高周波GaNパワー・デバイス(スマホには基幹デバイスの一つ)も譲渡禁止になったので(多分、アメリカからの横やり)、相当焦ってるだろうな。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ