Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国外交部長官「ニュージーランド側に謝罪できない」…心地悪いと感じているのはニュージーランドの方では?

 韓国の外交官がNZで起こした事件について、韓国外相が謝罪をしない姿勢を見せたそうだ。結果報告書をよく確認しなければ結論を出せないという論調ではあるが、事実上謝罪を拒否したものと考えられる。日本相手にやるようなことをNZにまでやってしまうのはもはや一線を越えたと言える。


康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が25日、ニュージーランド公館で起きた韓国外交官の事件疑惑について「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が心地悪い位置にいらっしゃることになった点について恐縮している」と述べた。この日、国会外交統一委員会で「外交の恥さらし」に対する与党議員の叱責が続きながらだ。


康長官は前日に続いて「国民にご迷惑をおかけして申し訳ない」として頭を下げた。しかし、康長官はニュージーランド側に謝罪するかについては「他国に外交部長官が謝罪するのは国家の品格の問題」として「今この場で謝罪することはできない」と述べた。また、康長官は「(首脳間電話会談で)議題になってはならないものが議題になった部分があり、それについてはニュージーランドの責任が大きい」として「国内的に国民と大統領には申し訳ないが、ニュージーランドに対して責任を負うべきかどうかは別の問題」と明らかにした。今回の事件の告訴人を支援してきたニュージーランドの性暴行人権運動家、ルイス・ニコラス氏は24日、康長官が被害者に謝罪しなかったことに対して現地のメディアを通じて「非常に残念だ」という立場を明らかにした。


この日、外交通商委員会では文大統領とニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相間電話会談(先月28日)で韓国外交官の問題が取り上げられたことについて与党議員の叱責が続いた。共に民主党の尹建永(ユン・ゴンヨン)議員は首脳間外交で外交官の事件が取り上げられたのは韓国外交史において初めてのことだとして「外交の基本が議題調整だが、首脳間会談で議題管理をきちんとしなかった」と指摘した。これを受け、康長官は「首脳会談の議題を調整する過程でニュージーランド側からこの議題を扱うという話がなかった」として「ところが、結果的に文大統領が心地悪い位置にいらっしゃることになったことを申し訳なく思う」と明らかにした。


たいした国でもないのに、見栄っ張りで、常に相手を下に見て、人の行いに対しては、謝罪しろと言うくせに、自らの行いには目を逸らして知らぬ存ぜぬ。挙句の果てに、他人の責任にしてしまう。そういう態度を散々見てきているので、さして驚く程のことではない。


韓国では文在寅だけじゃなく外相もおかしいという認識がこれでファイブアイズ諸国に広まるだろう。つまり韓国が排除されて中国側で確定することを意味する。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ