Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米住民激怒!韓国テレビ局が米国住宅街に不法侵入

 韓国のSBSが米国で無許可ロケを実施して騒動になっている。どうやらプライベートな住宅地に侵入しプールも勝手に使って撮影をしたようだ。米国の住民から提訴され巨額の訴訟へと発展してしまった。


SBSの看板芸能番組「執事部一体」は、米国カリフォルニア州のタティン・アーバインの住民との法的紛争に巻き込まれました。


この地域の住民11世帯はSBSと執事部一体出演・製作スタッフを3日、ソウル中央地検に告訴しました。住民はSBS側が米国の撮影をして詐欺・特殊住居侵入・財物損壊・道路交通法違反・一般交通妨害などの行為を行わ被害を被ったと主張しました。


また、今週、米国では約16億ウォンの損害賠償訴訟も出す予定です。訴訟参加の意思を明らかに住民が増えている上、米国で一般化された「懲罰的損害賠償」まで適用されれば賠償額が大きく高騰という見通しも出てきます。


執事部一体と米国住民の間で一体何が起こったのでしょうか?


■美住民”執事部一体のチームは、撮影許可受けないで「泥棒撮影」「


執事部一体のチームは2018年8月に米国カリフォルニア州からティンとアーバイン地域で撮影を行いました。


米国の地域住民は、当時製作スタッフが許可を受けていない「泥棒撮影」をしたと主張します。


代表的なところがコミュニティプールです。プールの入り口には、コミュニティメンバーのみアクセスが可能なプライベートプールという立ち入り禁止の案内表示が付いています。


ここで執事部一体出演は水泳やゲームなどを進めており、このシーンが撮影されてそのまま放送された地元住民側の弁護人は伝えました。


また、製作スタッフが警察や地域委員会の許可なしに私有地に該当する場所に無断で入り、単体で他人の住居に侵入した「特殊住居侵入」に該当するということです。


また、住民は自分たちの同意なしに顔と住居地などが撮影されて放送された批判しました。


タティン理事会は、執事部一体撮影期間、現地の警察に数回申告が入ったという記録があると知っていました。


地元住民は、「SBSの撮影を許可したことがない」とし、警察も何度も出動して、無許可撮影をする制作陣に「疑わしい活動を停止するよう警告した」と伝えました。


撮影を問題視する警察と住民に製作陣が放送ステップではなく、観光客に偽装して、パーティーをしていると嘘をしたという主張も出てきます。


訴状には、SBS側がタティンとアーバインの住民に、まるで自分たちが観光客であるかのようにだまして違法撮影をしたと書かれています。


関連当時現地撮影を助けたエージェンシーの文があります。現地エージェンシー関係者はアーバインプール撮影時「警備員にも誕生日パーティーに招待されたとしており、住民のプールの中におられた方には、状況に応じて小さな規模の個人撮影ないしは誕生日パーティーとした」と住民側の弁護人に送った電子メールで明らかにした。



これに対してSBS側が頑なに事実関係を認めず、むしろ被害者だみたいなことも言い始めたから問題がさらに大きくなる様相を呈している。韓国の国家イメージの失墜だとして米国の住民が嘆願書を韓国に提出したそうだ。


SBS側は「虚偽の主張」と対立しています。住民が問題視侵入と不法撮影はなかったでしょう。


今回の事件に関連SBS側の弁護人は、当時の現地エージェンシーを通じて事前に撮影許可を受け、費用もすべて納付するなど、関連手続きを遵守した明らかにした。


住民の主張とは異なり、SBSは、コミュニティ施設ではなく、自主的に借りたクラブハウスで撮影を進行したし、放送されたプールも、そのクラブハウスの施設というのです。


車両毀損などの主張にも、内部チェックの結果その事実がないと明らかにした。むしろ現地の法律事務所が提示する証拠が不足して、車両の所有者を明らかにしてほしいという要請も無視したと反論しました。


これと関連し、米国カリフォルニア州の住民は、韓国放送通信委員会に120人余りの署名が入った嘆願書を提出しました。


要件は、2つです。最初は韓国の放送局が外国で不法に撮影することを禁じる法律を作って海外不法撮影で国家イメージを失墜させ、法的紛争が発生しないようにしてほしいということです。二つ目は、これまでSBSがどのようなリンゴと協議もなかったとSBSが謝罪し反省することができ、仲裁してほしいという要求でした。


すぐに推進される米国現地集団訴訟勝訴時賠償が100億ウォン以上で増えることができるという見通しも出てきます。米国の「懲罰的損害賠償」制度からです。懲罰的損害賠償は、故意や悪意を持って行われた不法行為について、実際の損害額よりもはるかに多くの「懲罰的」賠償額を加工する制度です。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ