Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国潜水艦が海南島で地下基地を使用する場面か

 インターネット上で今週、中国の潜水艦が南シナ海の海南島で地下基地を使用する場面とみられる衛星写真が拡散し、軍事ウォッチャーの間で波紋を広げている。


この衛星写真は、米衛星画像企業プラネット・ラブズが「ラジオ自由アジア」のSNSアカウントに最初に投稿した。画像には093型攻撃型原子力潜水艦とみられる艦船が、楡林海軍基地の地下施設につながるトンネルに入る様子が写っている。


ネット上では投稿直後からスパイ映画と比較する声が上がり、ツイッター利用者の1人はジェームズ・ボンドに言及。ジュール・ベルヌの小説「海底二万里」に登場する架空の潜水艦「ノーチラス号」に言及するユーザーもいた。


米国防総省の元当局者で、現在はシンガポール国立大リー・クアンユー公共政策大学院に所属するドリュー・トンプソン氏は、同潜水艦をとらえた写真は珍しいと説明。「商業衛星が(雲のない日に)適切なタイミングで上空を通過するのは異例だ」と指摘する。


トンプソン氏によると、中国政府は潜水艦から内陸部のミサイルシステムに至るまで、多くの軍装備品を地下に隠している。海岸線には特に注意を払っており、「沿岸部は攻撃に対して非常に脆弱(ぜいじゃく)だという認識が染みついている」という。


楡林基地は海南島の南端に位置し、中国海軍の資産を守ることを目的とした主要施設のひとつ。


非営利団体の核脅威イニシアチブによると、今回の潜水艦が093型だとすれば、中国が保有する6隻のうちの1隻とみられる。093型には3種類あり、魚雷や巡航ミサイルの搭載が可能だという。


ちなみに、台湾「中国の軍事脅威は、むしろ台湾独立の意志を確固なものとするだけ」


台湾と中国の軍事的緊張が高まっている中、台湾が強硬なメッセージを出した。


21日ロイター通信によると、台湾国防部(防衛省に相当)は前日の台湾軍による軍事演習の様子が映し出される動画で「中国から台湾を守ろうとする我々の決意を、中国は過少評価してはいけない。中国軍の脅威は、むしろ台湾国民たちを一層団結させるだけだ」と語った。


中国は最近 台湾周辺での軍事活動を強化している。


台湾国防部はこの日の軍事演習の映像とともに、声明を出し「台湾は最近の中国による軍事的脅威に対して断固として対応する」と伝えた。また「台湾軍が先に中国を挑発することはないが、弱みも見せない」として、強い防御の意志をほのめかした。


つづけて「中国の軍事的挑発は、台湾国民たちの怒りと反感をあおり、結局 我々を一層団結させる逆効果となるだけだ」とし「これは中国と台湾の平和を深刻に害する可能性がある」と強調した。


台湾は到底、中国の軍事力には敵わないと自覚している。しかしそれでも軍事力を強化するのは、もし中国が台湾を攻撃すればそれなりの被害を中国に与えるという抑止力になると考えている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ