Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

第2次大戦中に沈んだナチス艦、それは再び現れました

 第2次世界大戦(World War II)中の1940年に魚雷攻撃を受け、ノルウェー沖に沈んだナチス・ドイツ(Nazi)の巡洋艦が、海底ケーブルの点検中に見つかった。発見者の技師らが10日、AFPに明らかにした。



ノルウェーの送電会社スタットネット(Statnett)の主任技師オーレ・ペター・ホバスタッド(Ole Petter Hobberstad)氏はAFPの取材に対し、「時々遺物を見つけることがあるが、今回ほど胸躍るものを見つけたことはない」と話した。


見つかったのは、ノルウェー侵攻に参加したドイツ海軍の巡洋艦「カールスルーエ(Karlsruhe)」。全長174メートル。



1940年4月9日に兵士らを上陸させた後、カールスルーエはノルウェーの砲撃を受け、さらに英潜水艦の魚雷攻撃を受けた。被害が大きかったため、同艦の艦長はノルウェー南端のクリスティアンサン(Kristiansand)港沖で自沈を命じた。


スタットネットによると、同社は3年前、ノルウェーとデンマークをつなぐ高圧線の近くに未確認の沈没船があることをソナー(音波探知機)で把握していた。しかし当時、技師らにそれ以上調査する時間はなかったという。



しかし今年6月30日、同海域を嵐が通過した後、無人水中探査機(ROV)を備えたチームが派遣され、沈没船を調査することになった。


スタットネットによると、探査機は海底ケーブルから15メートルほどの位置にある「魚雷を受けた巨大な沈没船」を映し出した。しかし、調査チームが「戦時中のものだと理解したのは、画面に砲塔とナチスの紋章が映し出された時」だったという。


その後、ノルウェーの海事博物館がそれまで見つかっていなかったカールスルーエに間違いないと確認した。


カールスルーエは、クリスティアンサンから13カイリの海底に船底を下にして沈んでいる。専門家らによると、重心が高く、横に傾きやすい軍艦にとって、これは珍しいことだという。



同艦はドイツ北部のキール(Kiel)で建造され、1927年に就役した。


ドイツは飛行機もそうだけど軍艦も奇抜なものを作るんですね。後方のオフセットされた主砲配置が非常に特徴的です。これは条約で排水量が制限された中で最大限の火力を出すために試行錯誤の末に完成したもので、撤退時の後方火力を重視するのと同時に、前方に射撃する場合に射角を稼ぐためのものです。


でもあまりに無理な設計だったためこの作りはこの級のみとなった、というどうでもいい解説でした。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ