Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

菅首相「韓国に適切な対応強く求める」!日本の首相と他国との電話会談

 菅義偉首相は24日午前、就任後初めて韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と約20分間、電話で協議した。両国首脳の対話は昨年12月、中国で開かれた日中韓首脳会議の際、安倍晋三前首相と文氏が会談して以来、約9カ月ぶり。



首相は協議後、記者団の取材に応じた。徴用工問題を中心に「戦後最悪」とも言われる厳しい両国関係について、「このまま放置してはならない旨、私から伝えた。我が国の一貫した立場に基づいて、今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と述べた。


日本政府の説明によると、韓国側は、日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけをつくることを改めて求めたという。首相は協議の中で「日韓両国は互いに極めて重要な隣国だ」とした上で、「北朝鮮問題をはじめ、日米韓の連携は重要だ」と述べた。



首相は拉致問題の解決に向けて支持を求め、文氏は支持を表明した。新型コロナウイルス感染症をめぐる対応を協議したほか、両国間のビジネス関係者の往来再開について合意に向けた協議を加速することで一致した。電話協議は韓国側の求めで行ったという。


文氏との協議に先立ち、首相は24日午前、国連のグテーレス事務総長とも電話で協議し、国連での日本人幹部職員の増加に向けて協力することで一致した。



首相は中国の習近平(シーチンピン)国家主席とも25日に電話協議する予定だ。


日中首脳が25日夜に電話会談を行う方向で調整に入ったことが分った。事情に詳しい関係者が明らかにした。両国の首脳が会談するのは、菅義偉首相の就任後初めて。


菅首相と習近平国家主席の電話会談は、複数の国内メディアが先に報じていた。共同通信によると、菅首相には電話会談を通じて中国を重視する姿勢を明確に伝える狙いがあるという。


菅首長はオーストラリアのモリソン首相やトランプ米大統領らと順次電話会談を行っており、習主席との会談もその一環。菅氏は20日の日米会談後、記者団に対し、「非常に手ごたえを感じている」と述べ、各国首相と会談していく考えを示している。


また、日本経済新聞など国内メディアによると、日韓両国政府は24日午前にも菅首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談を行う方向で調整に入っている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ