Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の反発は、首相退任するや靖国神社に行った安倍氏ya

 日本の安倍晋三前首相が靖国神社を参拝した19日、韓国外交部は論評を通じ「安倍前首相が日本の植民侵奪と侵略戦争を美化する象徴的施設である靖国神社を退任直後に参拝したことに対し深い懸念と遺憾を表わす」との立場を明らかにした。



韓国続けて外交部は「日本の指導者級の人々が歴史を正しく直視し過去史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示す時、周辺国と国際社会が日本を信頼できるという点をもう一度厳重に指摘する」とした。


安倍前首相はこの日神社参拝の理由として「退任報告」を掲げた。彼は午前ツイッターへの投稿で参拝の事実を明らかにした後、「総理大臣を退任したことをご英霊にご報告いたしました」と書いた。彼は靖国神社境内で移動する場面を写した写真もともに上げた。



安倍前首相の靖国神社参拝の事実が明らかになったのは2013年12月26日から6年8カ月ぶりだ。彼は首相在任中に靖国神社参拝で日本だけでなく韓国と中国などから批判を受けた。主要行事の際には靖国神社訪問を控える代わりに玉串料を奉納した。しかし首相退任からわずか3日で靖国神社を電撃訪問した格好だ。


安倍前首相の後任である菅義偉首相は「安倍政権継承」を掲げた状況だ。この日の安倍前首相の靖国神社参拝は執権自民党の主要支持層である保守・右翼勢力に対する政治的メッセージという解釈が出ている。



一方、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は19日、安倍晋三前首相の靖国神社参拝について「過去長年にわたって参拝していなかったことへの一種の償いだ」とする専門家の論評を掲載した。現在は日本政府を代表する立場ではなくなったため、首相辞任後すぐに参拝したと分析した。


それが結局、退任後の参拝となったのはなぜか。安倍氏は退陣表明後の9月上旬には、在任中の靖国参拝を勧められても首を縦に振らず、こう述べた。



「ここで私が行くと、次の(菅義偉)政権に負荷をかけることになる。それに退任直前に行くと、それは(英霊の追悼目的よりも)かなり自分自身のためということになる」


日本の領土内にある靖国神社に、外国から「行くな」と言われて日本の首相が参拝できないのはおかしい。戦没者の慰霊、鎮魂はリーダーの責務だという考えは、もともと安倍氏の持論であり信念だった。


日本と戦争をしていないにもかかわらず中国に便乗して靖国参拝に反発する韓国はともかく、中国要人に対しても安倍氏は直接、参拝の意義や目的などを説明し、議論してきた。



靖国参拝を毎年続けた小泉純一郎政権で自民党幹事長を務めていたころには、中国の王毅駐日大使(現外相)と激論を交わして言い負かし、最後には王氏がこんな捨てゼリフを残して去ったこともある。


「(中国の反発は)理屈じゃないんですよ…」


だが、首相の靖国参拝が国際社会で、実際に政治問題化してきたのも事実だ。25年の参拝時には、中国や韓国だけでなく米オバマ政権もこれを強く批判し、駐日大使館を通し日本に対し「失望」を表明している。



そのとき、米政府による失望表明を主導したのが現在、米大統領選の民主党候補であるバイデン前副大統領だという事情もある。


安倍氏は今回、自分が在任中に参拝することで、余波を菅政権が被ったり、外交上の手足を縛られたりするような事態は、避けなければならないと判断した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ