Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、欠陥おもちゃが529万個流通!韓国はおもちゃさえまともに製造

 致命的な成分が検出された欠陥おもちゃがこの3年で529万個にも及ぶそうだ。すべてがリコール対象だ。それにも関わらず回収できたのはたったの148万個にすぎないという。中国と大差ない…いや中国よりもひどいかもしれない。



最近の3年間において、子ども用おもちゃのリコール回収率が28.1%にとどまり、10個のうち3個も回収がされていないことが分かった。


11日、国会の産業通商資源中小ベンチャー企業委員会所属のハン・ムギョン国民の力議員が、産業通商資源部から入手した資料によると、2018年から今年6月末まで、リコール命令を受けた子ども用品のおもちゃは、計595品目・529万6932個にのぼり、このうち回収された数量は148万6691個で、回収率は28%に過ぎなかった。



2018年には、計216品目・235万3597個がリコールの対象となり、このうち70万2517個が回収され、回収率は29.8%にとどまった。2019年には計282品目・253万1402個がリコールの対象となったが、回収率は24.3%(61万6026個)で、前年より低くなった。今年は6月末時点で、計97品目・41万1933個がリコールの対象となり、このうち16万8148個が回収され、回収率は40.8%と集計されている。


2018年にリコールの対象となった品目の中で、最も多くの量が流通した「黄色いひよこのクレヨン(12色)」の場合、53万2007個が流通し、回収は15万9892個にとどまり、30%の回収率となった。この製品は、プラスチックケースから基準値の2倍以上の鉛が検出されていた。



そんなにも多くの不良品が出回っていること自体がおかしい。基準値の2倍の鉛が検出されたそうだが中国並みと言えそうだ。


具体的にどこの企業が製造しているかまでは分からないが、韓国はおもちゃさえまともに製造できないことがこれで分かってしまった。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ