Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国軍の無人機600機、ハッキングに無防備

 韓国軍の保有する無人航空機およそ600機について、北朝鮮のハッキングに弱いことが9日までに判明した。韓国軍は2021年から25年までの国防中期計画で、最先端の無人航空機を確保して監視・偵察はもちろん攻撃任務まで遂行させたいと表明した。しかし北朝鮮のハッキングなど、無人航空機を無力化する攻撃への対策はきちんと整備されていないのだ。



韓国軍の合同参謀本部が保守系最大野党「国民の力」所属の尹柱卿(ユン・ジュギョン)議員に提出した資料によると、陸・海・空軍は合計およそ600機の無人航空機を保有している。しかしこの中で、北朝鮮のハッキング攻撃に対して完ぺきに対応できるのは、韓国空軍が米国から導入したグローバルホーク3機だけだった。北朝鮮は、妨害信号を使って電波をかく乱し、無人機のルートを妨害する「ジャミング」、偽物のデータを送り、ハッカー側が意図した場所へ無人機を誘導する「スプーフィング」、無人機に位置を誤認させる「ミーコニング」などを行う能力を確保している。


ところが韓国軍が保有する無人機は、グローバルホークを除いて、これを防御する能力が不足していた。尹議員は「各軍が保有する無人航空機にはスプーフィング、ミーコニング防止装置が全く搭載されていなかった」とし「ハッキングされたら無人機をきちんと使うことすらできなくなるという点を銘記し、無人航空機に対するセキュリティー点検を実施して速やかに対策を整備すべき」と指摘した。ユン・ジュギョン)議員に提出した資料によると、陸・海・空軍は合計およそ600機の無人航空機を保有している。



しかしこの中で、北朝鮮のハッキング攻撃に対して完ぺきに対応できるのは、韓国空軍が米国から導入したグローバルホーク3機だけだった。北朝鮮は、妨害信号を使って電波をかく乱し、無人機のルートを妨害する「ジャミング」、偽物のデータを送り、ハッカー側が意図した場所へ無人機を誘導する「スプーフィング」、無人機に位置を誤認させる「ミーコニング」などを行う能力を確保している。


ところが韓国軍が保有する無人機は、グローバルホークを除いて、これを防御する能力が不足していた。尹議員は「各軍が保有する無人航空機にはスプーフィング、ミーコニング防止装置が全く搭載されていなかった」とし「ハッキングされたら無人機をきちんと使うことすらできなくなるという点を銘記し、無人航空機に対するセキュリティー点検を実施して速やかに対策を整備すべき」と指摘した。



一方、韓国軍を狙った“中国発”のサイバー攻撃「3年間で10倍も急増」。


韓国与党“共に民主党”のファン・ヒ議員は今日(10日)、韓国軍を狙ったハッキングなどのサイバー攻撃の試みが、最も頻繁になされている国は「中国」であることを明らかにした。


韓国国会 国防委員会の与党幹事であるファン議員がこの日、国防部(防衛省に相当)のサイバー作戦司令部から受け取った資料によると、2016年から今年8月まで韓国軍に対するサイバー攻撃の試みは、3万401回であった。これは年平均で約6500件、一日平均で約18件となる。



軍の機密と情報を狙ったサイバー攻撃は、2016年の3150件から2019年の9121件へと3倍も増加し、2020年は8月基準で約8700件となり、今年は1万件を超えるものと予想されている。


特に サイバー攻撃が頻繁に発生している「中国発」の攻撃は、3年間に10倍ちかくも急増している。



サイバー作戦司令部はこのことについて「攻撃の主体を隠すためにIP変造、第3国経由などの技術を活用していることから、中国発のサイバー攻撃は 常に中国政府や軍によるものとなっているわけではない」と説明した。


これについてファン議員は「4次産業革命とともに軍のシステムが先端化されている中、ハッキング、機密の抜き取りなど サイバー攻撃は国家安保において致命的な脅威だ」とし「多様で素早く進化するサイバー攻撃に対応し、より緻密な対応体系の構築と多様な訓練などを通して、徹底した対備態勢を整えなければならない」と指摘した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ