Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国新聞社の日本特派員が日本を後進国だfax

 韓国新聞社の日本特派員がアホらしすぎる理由で日本を後進国だと断定する笑えない記事を掲載。



記事の内容は、: 


先週経験したことだ。朝鮮日報東京支局のある建物でコロナ患者が相次いで発生した。すぐ上の階の民間企業職員2人が感染判定。止むを得ず自宅勤務を始めた。


家で仕事中、日本のA議員にインタビューすることになりA議員の事務室に電話をかけた。名刺を交換した秘書官が「質問紙をファクスで送ってほしい」と言う。このような回答は東京に勤務しながら日常的に経験しているので驚かなかった。ただし、家にプリンタとファクスがないことが問題だった。



丁重な日本語でお願いした。「申し訳ありませんがコロナのために自宅勤務中なので、Eメールで送れるよう配慮して下されば非常に感謝します。」秘書官は親切だったが例外を認めなかった。「それならコンビニに行ってファクスで送ってください。」説得は通じなかった。


しばらく考えたあげく、国際ファクスを利用することにした。韓国の後輩記者と業務職社員にそれぞれ連絡して事情を説明した。ソウルからEメール発信→編集局で質問紙印刷→東京にファクス送信する3段階の方法を使った。しかし、A議員側は二つとも受信されなかったとし、その時始めてEメールで知らせてきた。Eメールを送って返信を受けとるのに5分もかからなかった。簡単に終わることが、アンケートが東海を四回往復して完了した。



日本での特派員生活は韓国では消えゆくファクスとの同行といっても過言ではない。日本官公庁に連絡すればほとんどファクスで要望事項を送ってくれと言う。国会議員事務室は言うまでもない。


日本経済新聞26日の社説に日本公務員の86%が議員との業務はファクスにする、という調査が載った。それだけ永田町(日本国会がある所)にはファクス文化が根深く席を占めている。日本外務省がレセプションを開催する時も同じだ。東京駐在外交官と特派員がファクスで返信するのがマニュアルだ。



「Eメールにしてはいけないか」と問い合わせでもやはり親切な声の公務員に拒絶された。日本のファクス文化は今年、コロナ事態で社会的問題になった。東京都がファクス2台で1400万都民の健康状態を集計していることが分かって論議がおきた。都内31の保健所からファクスでコロナ感染者の報告を受けて「ジャム」がかかったせいで感染者の脱落、重複集計現象が発生した。


日本は地球から3億キロ離れた小惑星に探査船を送るほどの科学技術力を持つ国だ。月に宇宙飛行士を送る米国のアルテミス プロジェクトには核心パートナーとして参加する。このような国でファクスに固執するアンバランスにはめまいがおきる。


日本人は「パクス ジャパニーズ(Pax Japanese・日本による平和)」を夢見てきたが、その代わりにファクスを愛用する「ファクス(Fax)ジャパニーズ」帝国を作ることに成功したようだ。



ファクスは送る人は大変だが、受信人は直ちに文書をつかんで見ることができるという特徴がある。このためにアナログ時代の縦的関係を象徴する物とされる。日本社会は依然として自民党という巨大政党と官が強大な力を持っている。そうするうちに自分たちだけに便利なファクスに固執する傾向がある。


日本社会は「強い者には弱く、弱い者には強い」という意味の強弱弱強文化が残存しているという批判を受けてきた。こういうものが乙の境遇を配慮しないファクス文化に現れているのではないか。


ちょうど先月就任した菅義偉総理はデジタル改革相新設、官公庁の印鑑をなくすとともに縦割り関係清算を重要な課題として打ち出している。ぜひ彼の改革が結実して旧時代文化を改善し、韓国にも新しい刺激を与えることを期待する。



上記で韓国のメディアでコンテンツを繰り返しました。


バカで低俗な朝鮮人には日本の文化も日本のハイテクもローテクも全く理解出来ないさ。なんせ馬鹿で見栄っ張りで教養の無い朝鮮民族なんだから。


FAXの機密性能は優れている。mailはいろいろと問題が有るからね。変な添付ファイルついてたり。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ