Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

菅首相の重大警告、韓国に問題の解決を強く要求kan

 菅首相が国会の所信表明演説で韓国に問題の解決を要求した。強い口調で要求した。これまで通りの主張であったとしても、強い要求であることは非常に大事だ。ぶれない菅首相の姿勢こそが韓国を怖気づかせるのだ。



菅義偉首相は今日(26日)初の国会演説で、韓国政府に対して元徴用工賠償問題の解決を強く要求すると伝えた。


時事通信によると、菅首相はこの日の午後 衆議院本会議で、内閣発足後 初の所信表明演説の際、韓国を「極めて重要な隣国」と規定した。


つづけて「健全な日韓関係に戻ることができるよう、韓国政府に適切な対応を強く要求する」と強調した。



これは 日韓関係の最大懸案である元徴用工賠償判決問題を「韓国政府が解決すべきだ」と求める発言として、従来の立場を繰り返したものだとみられる。


菅首相は去る21日 インドネシア・ジャカルタを訪問した時、「日本企業の差し押さえ資産が現金化されるという事態が起きれば、日韓関係に極めて深刻な状況がもたらされる」と発言している。


菅首相が資産売却命令に関して韓国に強い警告を発したが、そのことに対して韓国のネットユーザーが過剰に反応してパニック状態になっているようだ。安倍元首相と何も変わらない、変化を期待していたのにと勝手な意見が並ぶ。政権が変われば韓国に都合よく変わると思っていたのが信じられない。



日本駐在の南官杓(ナム・グァンピョ)韓国大使はこの日、国会外交統一委員会の国政監査で、徴用工問題など懸案を抱える日韓関係について語った。与党・共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表から、菅義偉首相就任後の日韓関係の変化について質問されると、「菅首相は安倍晋三前首相の政策を受け継ぐと言っているが、本人自ら現実主義的なアプローチをしている」「ポジティブなムードがつくられていると感じている」と答えたという。


元徴用工問題に関する日韓協議については、「さまざまなチャンネルで意見交換がある」とし、「(韓国政府は)解決に向けて、開かれた姿勢で日本との対話を続けている」と述べた。また、解決策に対する日本側の反応の変化については、「昨年からずっと対話を続けてきたが、日本側も以前より少しは硬直した部分が解ける面も見せている」と述べたという。


しかし記事は「実際には日韓関係の硬直を解くのは難しい」と指摘。その理由として「菅首相が同日、元徴用工問題と関連して『韓国で差し押さえられた日本企業の資産が現金化されれば日韓関係に非常に深刻な状況を招くため、絶対に避けなければならない』と強硬な立場を示した」と説明している。



これを受け、韓国のネット上では「菅首相は安倍前首相の影武者みたいなもんでしょ」「どこが安倍首相と違うって?首相になったらもしかして何か変わるかなと期待はしていたけど」「菅首相は支持率が下がってきたから安倍前首相と同じパターンで韓国をたたき始めたのだろう」など、安倍前首相と変化が見られないと主張する声が寄せられている。


また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の名前を挙げ、「国家間が合意した案件を政権が代わったからってあれこれ言う文大統領など、安倍前首相であれ菅首相であれ交渉相手として見ていないのだろう」「文大統領は何してるの?韓国国民には厳しいくせに、日本には何も言えないの?日本だけじゃない、中国や北朝鮮、米国も。外国には何も言えない」など厳しい意見が寄せられている。



あるユーザーからは「菅首相も安倍前首相も文大統領も、政治的な利害を見て互いに嫌韓・反日を利用してる。これだから関係がこんなにこじれてしまった」と指摘する声も寄せられている。

Share:

1 件のコメント:

  1. いい加減「かん」ではなく「すが」首相に訂正して欲しい。そのくらい気をつけることが出来ないなら政治ネタをやるべきではない。

    返信削除

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ