Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「日本不買」!サムスン惨敗の「韓国」カメラ市場の背景olympus

 韓国のカメラ市場は日本メーカーがほぼ独占状態だ。レンズ交換式カメラシェアは99%以上、なぜ日本メーカーが強いのか?



サムスンはペンタックスと提携して市場に参入するも、技術は提供されず。高い技術を持つ日本の牙城を崩せず、2016年に事業からの撤退を発表した。


オリンパス株式会社は9月30日、映像事業の譲渡に関する契約を日本産業パートナーズ株式会社(以下、JIP)と締結したと発表。同社は映像事業を子会社の「OMデジタルソリューションズ株式会社」に継承し、2021年1月1日付で株式の95%をJIPの特別目的会社に譲渡する。


オリンパスは1919年、高千穂製作所として創業し、顕微鏡などを製造、36年にカメラの販売を開始。



1930年代から45年には、旧日本軍に光学製品を供給した。


社名の由来となった高千穂峰は、日本神話で神々が集う山とされており、ギリシャ神話で神々が住むとされる「オリンパス」をブランド名に採用。


デジタルカメラの出荷台数は2010年の1億2000万台をピークに年々減少し、2019年は1500万台まで縮小した。



世界シェアトップはキヤノンで、ニコンとソニーが続き、3社でデジタルカメラ市場の85%以上を、また一眼レフやミラーレスなどレンズ交換式カメラは日本メーカーが99%を占めている。


なぜ日本メーカーが強いのか。


デジタルカメラは、レンズから取り込んだ像を撮像素子(センサー)で電気信号に換え、デジタル信号に変換して記録する。



ハイクラスのデジタルカメラは、初期段階からフィルム一眼レフを応用して開発が進められたが、ベースとなったフィルムカメラの要であるレンズとシャッターはドイツと日本が高い技術を持ち、米国が続いている。


またセンサーも日本企業が市場を制していたビデオカメラの技術を応用しており、デジタルカメラは、初期段階から日本が得意な技術を活用して開発が進められた。


サムスンを買わない韓国人



キヤノンかニコンの一方が解像度の高いカメラを販売すると他方が追随し、解像度が低いカメラは価格が下がって、メーカーの収益性が低下した。


後発の家電メーカーは、ソニー、パナソニック、サムスンを残して撤退している。


パナソニックは2000年、ドイツのライカと提携。ライカは高い光学技術を有するが、電子技術はないに等しく、パナソニックは高い電子技術を有するが、光学技術は遅れていた。



パナソニックは収益性が高いレンズ交換式カメラ市場に参入し、ライカにコンパクトカメラのOEM供給を開始、ソニーは2005年、コニカミノルタのカメラ事業を買収してレンズ交換式カメラに参入した。


サムスンは2006年、ペンタックスと提携して一眼レフ市場に参入したが、ペンタックスは核心技術を提供しなかった。


サムスンは、電子技術は開発できるが光学技術のノウハウはなく、一方、ペンタックスが求めたのは開発資金で、サムスンから得る技術はなかった。


ペンタックスがサムスン製センサーを搭載した一眼レフを製造してカメラとレンズをサムスンにOEM提供するにとどまり、2011年、リコーがペンタックスを買収すると2社の提携は事実上、消滅した。


ペンタックスとの提携が消滅したサムスンは2011年、ミラーレスカメラ市場に参入し、世界カメラ市場で10%のシェアまで伸張して、キヤノン、ニコンに次ぐ3位の座をソニーと争ったが、2016年、カメラ事業から撤退すると発表した。


サムスンの家電事業は、韓国と先進国では高スペック製品を日本製品より安く販売し、中進国や後進国では、国情に合せた機能に絞り込んで価格を抑えた製品を投入する手法で市場を拡大してきたが、デジタルカメラは違っていた。


先進国に加えて韓国の消費者も高スペック品はキヤノン、ニコン、ソニーを選び、低価格品は自社製スマートフォンのギャラクシーと競合した。


サムスンの撤退は時間の問題だった


デジタルコンパクトカメラは、一般にスマートフォンより解像密度(dpi)が高く、大きく引き伸ばすと画質差は歴然としているが、PCやスマートフォン、特にSNSではその差を認識できない。


さらに、各社はセンサーサイズが大きく、収益性が高いフルサイズにシフトしたが、サムスンがノウハウを得る方法はなく、撤退は時間の問題だった。


韓国のスチル(静止画)カメラのシェアは50%以上をキヤノンが占め、ソニー、ニコンと続いている。


韓国人は自ら意思決定を行わず、権威者に追従して長いものに巻かれる傾向が強い。


商品購入も同じで、自動車は現代か起亜、家電はサムスンかLGを購入し、スマートフォンはギャラクシーを選択する。


使っている人が多いという理由でキヤノンやソニーを買うのだ。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ