Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ポンペオ国務長官、アジア歴訪を短縮!カン・ギョンファ長官が『クアッドはよくない構想』とか言ったからquad

 米国務省は3日、ポンペオ長官が4日から予定しているアジア歴訪について、韓国とモンゴル訪問を中止し、日程を短縮すると明らかにした。



当初10月4─8日の日程で、韓国、モンゴル、日本の3カ国を訪問する予定だった。日本に向けては予定通り4日に出発、日本とオーストラリア、インドとの4カ国外相会合などに出席後、6日にワシントンに戻る。


ポンペオ国務長官が予定していた日本、韓国、モンゴルを訪問するアジア歴訪を短縮して、日本にだけくることが決定しました。


これはこれで面白い情勢に。



韓国では「カン・ギョンファ外交部長官が『クアッドはよくない構想』とか言ったから外されたのでは」とかいう記事が出ているのですが。


韓国がこのていどのことを言うなんて想定内もいいとこですよね。


アメリカにおいて国務長官は大統領権限を代行する順位としては副大統領、下院議長、上院仮議長の次に位置する4位とされています。大臣級としては最上位にあります。



大統領、及び権限上位の3人が何らかの形で倒れた場合にはアメリカ合衆国の大統領として働かなければならないというわけです。


なので、トランプ大統領が新型コロナウイルスに罹患して入院しているという緊急事態のいま、外遊をしている場合かという声もあるでしょう。


逆に大統領について大きな問題がないのであれば、外遊を中止する必要はないわけですね。


今回の決定は折衷案で「重要な国にだけ行く」という決定をしたわけです。



外遊のスケジュールを短縮して、もしもの時に備える。かつ、外遊そのものは中止しないことで大統領の健康状態はそこまで悪くないとアピールすることもできる。


つまり、モンゴル、韓国はそこまで重要な国ではない。


そして、インド太平洋戦略を主導する日米豪印の4カ国外相会談はアメリカにとってどうしても外せないスケジュールである、最上位の優先度を持っているということでもあるわけです。


アメリカの安保外交戦略上、もっとも優先するものがなにかということを表明したも同然なのですね。


韓国は度々、「米韓同盟は血で結ばれた血盟である」という話をします。


朝鮮戦争でアメリカは血をもって韓国を守ったのだと。戦犯国である日本とは価値が異なる国であるというような意識を持っていることをアピールするのですが。


そういった意識があるからこそ、「アメリカは戦犯国の日本の肩を持たずに韓国の立場を理解すべきだ」とか「アメリカは日本よりも韓国を優先すべきだ」というような話をするわけです。


アメリカが各国に対して実際にはどのような価値基準で見ているか、ということが緊急事態だからこそ分かってしまったという。


いや、なかなかに面白い状況。


一応、国務省は「10月にもう一度アジアを訪問する」と表明しているので、王毅外相より前には行くのかなぁ。その辺りのスケジュールも含めて要注目な感じです。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ