Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国が韓国にお仕置き!サムスン土下座、ヒュンダイ土下座w

 韓国のBTSが米韓関係の発展に寄与したと認められナントカ賞を受賞したようだ。その授賞式の場で朝鮮戦争にうっかり触れてしまい、中国側の犠牲を蔑ろにしてるとして怒りを買ったという。これはまずいとサムスンやヒュンダイが判断しBTSのプロモーションを全面中止した。中国様のお仕置きに対して土下座した形になる。



ニューヨーク・タイムズが「中国ネットユーザーが防弾少年団(BTS)の悪気のない韓国戦争(朝鮮戦争)関連発言を攻撃した」と報道した。


同紙は12日、「BTSは韓国戦争犠牲者を賛えたが、一部の中国人は(BTSの発言に)侮辱を感じた」という見出しの記事で、中国ネットユーザーが韓国戦争に関連したBTSの発言に対し反発したことを取り上げた。サムスン電子と現代自動車、フィラなどのブランドがBTSと関連した掲示物を消し、「距離確保」に出たとも明らかにした。



BTSは最近韓米関係の発展に寄与した功労を認められバン・フリート賞を受賞した。BTSのリーダーRMは受賞所感で「今年の行事は韓国戦争70周年を迎えて意味が格別だ。私たちは両国がともに体験した苦難の歴史と数多くの男女の犠牲を永遠に記憶するだろう」と明らかにした。


これに対し中国国営メディアの環球時報は「『(韓米)両国が体験した苦難の歴史』という受賞所感が中国ネットユーザーの憤怒を引き起こした」と報道した。



その上で「韓国と米国を意味する『両国』という単語の使用は韓国戦争当時の中国軍人の高貴な犠牲を無視したもの」「BTSが『抗米援朝(米国に対抗し北朝鮮を助ける)』の歴史をよく知らないまま中国を侮辱している」「国の尊厳に触れたことは絶対容認できず、サムスンは携帯電話をきれいに処理せよ」という中国ネットユーザーの反応を伝えた。


BTSの受賞所感をめぐる議論が拡散すると、中国のソーシャルメディアにはサムスンのスマートフォン「ギャラクシーBTSエディション」の販売が中止されたとの掲示物が上げられた。北京現代自動車とフィラもBTSと関連した微博の掲示物を削除したり隠すなどの措置を取った。



同紙はこれに対し「(BTSは)公然とした挑発というよりは心を込めた包容性でよく知られた人気バンドで、受賞所感は悪気のない言葉のようだった。だが中国のネットユーザーはBTSを攻撃する書き込みをした」と言及した。


また「サムスンとフィラがK-POPバンド(BTS)と協力した痕跡をなくし距離を置いた。中国で事業をする多国籍企業が中国人の愛国心を追う最新事例であり、不買運動の可能性をシャットアウトしようとする意図とみられる」と説明した。



米韓関係の発展に寄与した団体に対する賞があることが驚きだね。米国とは朝鮮戦争で繋がっているようなものだ。単純に犠牲者をねぎらう目的で発言したはずが中国側の怒りを買うとは想像もしなかっただろう。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ