Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

台湾、全F16戦闘機を運用停止 …1カ月弱で事故2件

 香港(CNN)によると、台湾当局は19日までに、軍のF16戦闘機1機が17日夕の訓練中に墜落したことを受け、保有する約140機のF16について全機を飛行停止にした。



台湾国防省によると、墜落したのは単座のF16戦闘機。現地時間午後6時5分に台湾東岸の花蓮空軍基地を離陸した後、約2分後に太平洋上空でレーダーから機影が消えた。


台湾空軍によれば、44歳の操縦士が操縦するF16戦闘機は17日、花蓮(Hualien)空軍基地から離陸した2分後に、高度約1800メートルの地点でレーダーから消えたという。


台湾総統府の声明によると、同機に搭乗していたパイロットの捜索が続けられている。



蔡英文(ツァイインウェン)総統は18日午前、記者団に対し、墜落に関する調査が終わるまでは全てのF16の飛行を停止すると説明した。飛行停止後も台湾軍の即応態勢に変化はないとしている。


F16は台湾が保有する戦闘機の約半数を占める。中国人民解放軍空軍はここ数カ月、台湾の防空識別圏への進入を繰り返しており、台湾側は戦闘機の緊急発進を余儀なくされている。



中国と台湾は1949年の内戦終結以来、別々に統治されてきたが、中国は台湾に対する完全な主権を主張。ロイター通信が台湾国防相の話として伝えたところよると、台湾は今年、中国機の進入に対抗する目的で戦闘機のスクランブル発進に9億ドル(約934億円)近くを費やしたという。


台湾はF16を中国の軍事行動に対する重要な防衛手段と位置付けており、新型モデルを保有機に加える方針。8月には、66機の新型F16を米国から購入する契約を締結し、米国から台湾への武器売却としてはここ数年で最高の規模となった。


中国はここ数か月、自国戦闘機を台湾領空付近に前例のないペースで出動させており、今回のF16運用停止の判断により、中国の動きをけん制するために使用できる台湾機はさらに少なくなる。



この3週間足らず前にも、F5E戦闘機が訓練中に海に墜落し、操縦士が死亡。その際にも今回同様、運用停止の措置が取られていた。


台湾の戦闘機は、中国機と比べて古く、その戦力で大幅な遅れをとっている。台湾はF16を除けば、台湾製の国産防衛戦闘機(IDF)、1990年代末のフランス製ミラージュ(Mirage)、1970年代のF5Eのみを所有している。


台湾領空内に入る中国機の数の増加を受け、台湾は昨年の2倍の頻度で戦闘機を緊急発進させている。専門家らは、中国機の飛行は台湾の防衛能力を試すだけでなく、戦闘機は出動の度に寿命が短くなることから、機体を損耗させる狙いもあると指摘している。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ