Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

プーチン氏に健康不安か? パーキンソン病で辞職報道putin

 英大衆紙サンは6日、ロシアのプーチン大統領(68)にパーキンソン病の疑いがあり、来年初めに辞職する予定だと報じた。複数のロシア政治専門家が情報源だとしているが、ペスコフ大統領報道官は同日「完全なたわごとで、大統領は快調だ」と報道を完全否定。辞職することもないと強調した。



サンは最近のプーチン氏の映像を見た専門家の分析として、脚が絶え間なく動き、ペンを持つ指も、けいれんしているように見えると指摘。


またクレムリン(ロシア大統領府)の内情に詳しいとされる政治評論家ソロベイ氏が最近、プーチン氏にパーキンソン病の兆候があると示唆したことで臆測が広がったとしている。


プーチン氏の恋人、元新体操選手アリーナ・カバエワさん(37)がプーチン氏に、権力の座から離れるよう求めているという。



プーチン氏はコロナ禍以降、政府幹部との会合もほとんどモスクワ郊外の公邸からテレビ会議を通じて行っている。公の場にあまり姿を現さないことも健康不安説に拍車をかけている。


何度も暗殺未遂に遭っているのにピンピンしているプーチン氏には不老不死説がささやかれているほど。また、影武者が数十人いるという説もある。


ロシア事情通は「10年ぐらい前から、プーチンのビジュアルがどんどん若返っているので、不老不死説や影武者がどんどん入れ替わっているという説が出ています。実は、モスクワの病院で幹細胞治療という若返り治療を行っており、肉体年齢は40代。昔のたるんだ中年体形と比べて、今の方が若々しいので、そのような説が出ているんです」と語る。



プーチン氏は5年前、1週間も公の場から姿を消したことで健康不安説が報じられたことがある。その際もペスコフ氏が「完全に健康で、握手をすれば相手の手の骨が折れる」と否定。実際、マッチョな独裁者であり続けている。


一方、ロシア、「中立」を強調 高い関心、さらなる関係悪化懸念。


3日に投開票された米大統領選は、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)と民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が大接戦を演じている。結果は自国の経済や内政にも影響しかねず、各国ともその行方を注視している。



米大統領選へのロシアによる介入の可能性が指摘される中、露政府は「米国民のどのような選択も敬意を持って受け止める」(ラブロフ外相)と、中立の立場を強調してきた。ただ、結果は今後の米露関係に大きな影響を与える可能性が高く、ロシアでも国営放送が開票の中継を続けるなど、高い関心が寄せられている。


トランプ政権下で米露関係は冷え込み、新戦略兵器削減条約(新START)の延長交渉も暗礁に乗り上げた。バイデン氏は新START延長には前向きだが「ロシアは米国にとって主要な脅威」と発言するなど対露強硬姿勢も示しており、当選した場合は米露関係がさらに悪化するという見方も強い。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ