Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

台湾、一層の対米関係強化を表明…相次ぐ米高官の訪台に中国猛反発taius

 米政府と台湾政府は20日、新たに創設した経済対話の初会合を米首都ワシントンで開催した。台湾の駐米代表部に当たる駐米台北経済文化代表処が発表した。トランプ政権はサプライチェーン(部品の調達・供給網)や第5世代(5G)移動通信システムから中国を排除する枠組みの構築を進める方針。中国は開催に反発している。



中国が軍事・外交両面で台湾への圧力を強める中、トランプ政権は経済対話を開始して台湾を支援する姿勢をアピールし「レガシー(政治的遺産)」を作りたい狙いもありそうだ。


台湾側は会合後の発表で、対話を継続して米台の連携を深める必要性を訴えた。


呉氏は「対話の制度化により、長期にわたって米国との経済協力を継続できる」と述べた。蔡英文総統はフェイスブックに「経済対話が正式に立ち上がったことで、台米のパートナーシップ関係は一層高まった」と書き込み、成果を誇った。



中国は米台が緊密な関係を築きつつあることに強く反発している。


アメリカのウィーラー環境保護局長官が来月台湾を訪問する計画について、中国政府は「いかなる形であっても公式往来に断固反対する」と反発しました。


台湾メディアによりますと、蘇貞昌首相はアメリカのウィーラー環境保護局長官が来月台湾を訪問する予定だと発表しました。アメリカは中国との対立が深まるなか、8月にアザー厚生長官、9月にはクラック国務次官と高官を相次ぎ台湾に派遣しています。これに対し、中国外務省は会見で「いかなる形であってもアメリカと台湾との公式往来に断固反対する」と反発しました。そのうえで「中国は情勢の変化に応じて正当で必要な反応をする」と述べ、何らかの対抗措置を取る可能性を示唆しました。



環境保護の先進国である台湾を米高官が訪れて何が悪いのかな。

中国は、環境汚染悪化が顕著で他国が参考とするところはない。

台湾の環境保護の姿勢を中国は見習うべきである。

自然豊かな南シナ海の素晴らしいサンゴ礁を軍事目的で、しかも東南アジア諸国のの領海を略奪して埋め立て、軍事基地を造成したのはどこの国だろうか。

それは、中国だ。



9月19日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、米国の国務長官や国防長官が台湾を訪問すれば、中国軍の戦闘機が「台湾上空で演習するだろう」と強調したが、トランプ政権ももう終わりなんだから、最後に国務長官や国防長官訪問させれば?


中国軍の戦闘機が「台湾上空で演習」できるかどうか試してみれば?


Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ