Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

北朝鮮、数週間以内にミサイル発射の可能性…バイデン氏の関心引こうとするだろうtt

 北朝鮮がジョー・バイデン米大統領選挙当選者の関心を引くために数週間以内にミサイルを発射する可能性があるという分析が出た。



11日(現地時間)、米CNBCがアナリストを引用して「北朝鮮がバイデン次期大統領に自国を優先しなければならないという『強力なメッセージ』を与えるためにミサイルを発射する可能性がある」と報じた。


ジョージ・W・ブッシュ政権で国務省の東アジア太平洋シニア副次官補を務めたエバンス・リビア・ブルッキングス研究所上級研究員は、「北朝鮮が次期大統領に強力なメッセージを送るため、今後数週間以内に核や長距離弾道ミサイルを発射する可能性がある」と述べた。



続けて「バイデン次期大統領は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対応の米国経済の回復などの国内問題を最優先にしたいだろうが、北朝鮮はミサイル発射などで米国に関心を自国に向けさせようとする」と付け加えた。


エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)のアジアアナリスト、ワカス・アデンワラ氏も「北朝鮮はこれまで、様々なミサイル実験で米国の関心を引いてきた」とし「(ミサイル実験など)この問題が北朝鮮が米国の外交政策の優先順位上位に残るように保証する」と説明した。


過去の経験からも、北朝鮮が挑発を敢行するという見方が出ている。米CNN放送によると、北朝鮮はオバマ大統領就任から75日後、ドナルド・トランプ大統領の就任から23日後にミサイル発射の挑発を行った。CNNは、「金正恩(キム・ジョンウン)政権は米国に注目させる方法を知っている」と指摘した。 



2008年11月、オバマ大統領が当選すると、北朝鮮は就任直後の翌年4月に長距離ミサイルを発射し、5月に2回目の核実験を続けた。オバマ大統領の場合、当選の6カ月後、再選の3カ月後に北朝鮮が核実験を敢行した。


ドナルド・トランプ大統領も同様だ。トランプ大統領が任期初年度の2017年にも数多くのミサイル発射で緊張を高めた。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ