Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ソフトバンク、Boston Dynamicsを約960億円で現代自動車Gに売却

 韓国の現代自動車グループが4足歩行ロボットで知名度を高めた米ロボット開発のボストン・ダイナミクスを買収し、ロボット分野への参入を本格化する。現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長にとっては10月に会長に就任してから初めての大規模なM&A(合併・買収)で、個人資産から約2400億ウォン(約229億円)を出資して20%の株式を保有する。



現代自動車グループは11日、時価総額11億ドル(約1145億円)規模のボストン・ダイナミクスの株式80%を同社親会社のソフトバンクグループ(SBG)から取得することで合意したと発表した。持ち株比率は現代が80%、SBGが20%となる。


買収金額は8億8000万ドルで、現代自動車グループが自動運転技術の開発に向け米自動車部品メーカー、アプティブと設立した合弁会社「モーショナル(Motional)」に投じた20億ドルに次ぐ規模となる。


買収には、現代自動車(30%)、現代モービス(20%)、現代グロービス(10%)、鄭氏(20%)が参加する。  



現代側は今回の買収により、グループ全体の製造・生産、技術開発、物流の能力で、相乗効果が最大化すると予想している。また自動車分野だけでなく自動運転や都市航空交通システム(UAM:アーバン・エアー・モビリティー)など多様なモビリティー分野をリードしていくことにも期待している。


鄭氏は今回の買収と関連し、スマートモビリティー事業を推進する現代にボストン・ダイナミクスのロボット関連技術が加わったことで、未来モビリティーの革新を主導できるとし、安全、治安、保健などの公共分野でも人類に貢献できるだろうと強調した。



SBGの孫正義会長は現代自動車グループと共にロボットの商用化を加速させることになり感激だとし、現代自動車グループとともに歩むボストン・ダイナミクスの未来は非常に明るく、SBGも投資を続ける計画と話した。


現代自動車グループによるボストン・ダイナミクスの買収は、早ければ来年前半に完了する見通しだ。


一方、現代モービス、系列社の半導体事業を買収。


韓国現代自動車グループの部品メーカー、現代モービスは11日、グループ会社の現代オートロンの半導体事業部門を買収すると発表した。電動車や自動運転車といった次世代車に不可欠な半導体技術の競争力確保が狙い。買収価格は1,332億ウォン(約127億7,000万円)。


電動車は従来のエンジンとは別に、電気をエネルギーとした電動モーターを動力源とする。モーターや電池の制御、監視は半導体デバイスが担う。



現代モービスは今回の買収により、電圧制御に使うパワー半導体やシステムLSI(大規模集積回路)といった半導体のほか、車間距離や車線維持のための電子制御システムなどを開発し、完成車に供給する計画だ。


現代モービスはまた、半導体設計組織と制御システムの開発組織、ソフトウエア開発組織の間の垣根を取り払う。これまでは、制御システムと半導体の開発が分散して行われていたため、システムに最適化された半導体の開発や品質の検証能力に限界があった。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ