Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国製ワクチン怖がる国民…ブラジル政府の中国新型コロナウイルスワクチン批判corona

 インドネシアのジョコ大統領は16日、国民向けの動画を配信し、新型コロナウイルスのワクチンについて「私が接種第1号になる」と述べた。同国は今月から中国シノバック製ワクチンの輸入を始めたが、安全性をめぐる不安の声が国民から出ていることなどが背景にあるとみられる。



ジョコ氏は動画で「いずれ私が、最初のワクチン接種者となることを強調したい。使用するワクチンが安全だと国民に信頼してもらうためだ」と語った。


インドネシア政府は、複数の調達先を模索しながら、今月にシノバック製のワクチン120万回分を中国から輸入した。さらに180万回分を輸入する予定で、早ければ1月からの接種開始を目指している。


ただ、地元メディアでは、政府が低価格と臨床試験の速さからシノバック製を選んだと指摘が出ている。CNNインドネシアは7日、「インドネシア以外にシノバック製を注文した国はあるのか?」「臨床試験の情報が見当たらない」といったSNS上の声を引用し、同社製ワクチンについて「効果を案じる声が少なくない」と報じた。政府が11月に公表した世論調査でも、回答者の27%がワクチンの安全性や種類について疑問視していた。



インドネシアでは「第1波」が拡大を続け、感染者と死者の数が東南アジアで最多だ。政府はこの日、首都ジャカルタ特別州で年末年始、飲食店などの営業を午後7時までとするなどの規制の強化策も発表した。


一方、中国政府、ブラジル政府の新型コロナウイルスワクチン批判に反発。


ブラジル政府が中国における新型コロナウイルスワクチンの緊急使用基準が不透明だと批判したことに対し、中国政府は安全性は確認されていると反発した。


ロイター通信によると、ブラジルの国家衛生監督庁は中国国内でのワクチンの緊急使用を巡り、「当局の承認基準が透明性を欠いている」と批判した。ブラジルでは中国・シノバック社製のワクチンの臨床試験が行われていて、来月までに計600万回分が到着する予定。



これに対し中国外務省は15日の会見で、「企業は科学的な規律と管理要求に基づきワクチンの研究開発を進めている」と反発した。そのうえで、すでに一部の国では中国製ワクチンの使用が承認されていることを挙げ、安全性などが国際基準を満たしていると強調した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ