Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

海底に眠るナチス暗号機「エニグマ」は無敵、ダイバーらが発見enigma

 ドイツ沖のバルト海(Baltic Sea)で先月、海底で70年以上にわたり眠っていたナチス・ドイツ(Nazi)の暗号機「エニグマ(Enigma)」が見つかった。発見したダイバーらは4日、この暗号機を修復作業のため博物館に引き渡した。



ダイバーらは、世界自然保護基金(WWF)からの依頼でドイツ北東部ゲルティング(Gelting)湾に潜り、廃棄された漁網を探していた際に暗号機を発見した。


ダイバーのフロリアン・フーバー(Florian Huber)さんはDPN通信に対し「仲間の一人が上がってきて、『古いタイプライターが入っている漁網がある』と言った」と説明。ダイバーらはすぐに歴史的遺物を発見したことに気づき、当局に知らせた。



シュレスウィヒ・ホルシュタイン(Schleswig-Holstein)州の考古学局を率いるウルフ・イッケロット(Ulf Ickerodt)氏によると、暗号機は同州にある考古学博物館で今後1年ほどかけて修復された後、展示される予定。


ドイツ海軍協会(German Naval Association)の歴史家、ヤン・ウィット(Jann Witt)氏はDPA通信に対し、暗号機はが第2次世界大戦(World War II)末期、ドイツの軍艦から海中に投棄されたものとの見方を示した。暗号機には3つのローターがあり、ナチスの潜水艦Uボート(U-boat)はより複雑な4ローター式のエニグマを使用していたため、沈没した潜水艦で使用されていた可能性は低いという。



エニグマの暗号は1941年、現代のコンピューターの父とされる英数学者アラン・チューリング(Alan Turing)が率いるチームが解読に成功。連合軍はこれにより、ドイツ軍の動きに関する重要な無線通信を解読することが可能となった。歴史家らはエニグマの暗号解読により、終戦が2年ほど早められたと考えている。


暗号解読の経緯は2014年、『イミテーション・ゲーム(The Imitation Game)』として映画化され、チューリングを演じた英俳優ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)さんは米アカデミー賞(Academy Awards)主演男優賞にノミネートされた。


「エニグマ」は登場してしばらくは無敵の暗号強度を誇ったけれど、この機械の仕組みを見破られるあっという間に「攻略」されてしまったとか。日本海軍の暗号も同じ。やはり暗号強度を維持するには日本陸軍がそうだった様に作戦毎に暗号表を使い捨てにする等の対策が必須だったんでしょう。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ