Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国、南シナ海に病院船配備……英海軍、空母を日本近海に派遣へse

 中国が軍事拠点化を進める南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島に、中国軍の病院船が新たに配備された。



南シナ海の実効支配を強化するだけでなく、周辺国への医療支援も行い中国の影響力拡大を図る狙いがある。


中国国営中央テレビによると、中国が人工島を造成したファイアリクロス(中国名・永暑)礁の軍港で11月30日、病院船「南医13」(満載排水量約4000トン)の就役式が行われた。南医13は、コンピューター断層撮影(CT)スキャンなどの設備や100床以上のベッドを備え、同時に3件の本格的な手術が可能。南沙諸島に設置された病院と連携し、周辺海域で勤務する要員に医療を提供する。



また、南医13は国際的な人道支援や海難救助も行う。医療インフラが整っていない地域に派遣し、中国のイメージアップを図るなど外交上のカードに利用する狙いがあるとみられ、共産党機関紙・人民日報系の環球時報英語版は「国際的な貢献により、中国は存在感を示すことができる」と強調した。


中国は初の遠洋病院船「和平方舟」(同約1万4000トン)を2008年12月に配備。昨年12月末時点で海外で9回活動し計43カ国・地域を訪問し、医療支援活動を展開してきた。



今年9月の米海軍大学校中国海事研究所による報告書は、和平方舟がカリブ海のグレナダを15、18年に訪れ、多くの人々に診断や治療を行ったと指摘。病院船の派遣は05年に台湾と断交したグレナダに対する「見返り」だったと分析した。


皆さんの察している通り、南シナ海での活動となれば目的は私たちが考えている国際貢献とは違う様な気がします。中国としては軍事物資や軍事目的の機材を積んでも国際平和のためでしょうが、表の姿と中身は全く違うものに見えてしまうのは私だけでは無いと思います。


ちなみに、英海軍、空母を日本近海に派遣へ。香港問題で中国けん制。



英海軍が、最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中核とする空母打撃群を沖縄県などの南西諸島周辺を含む西太平洋に向けて来年初めにも派遣し、長期滞在させることが5日分かった。在日米軍の支援を受けるとみられる。三菱重工業の小牧南工場(愛知県)で艦載のF35Bステルス戦闘機を整備する構想も浮上している。複数の日本政府関係者が明らかにした。



西太平洋で日本と同盟関係にある米軍や周辺国以外の空母が継続的に活動するのは極めて異例。中国の南シナ海での領有権主張に加え、香港の民主派弾圧に対する英政府の強い懸念が背景にある。露骨な圧力強化だとして中国の反発は必至だ。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ