Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

トランプ大統領、秘密裏に退任後の準備着々…「優雅な敗者になれず」tru

 いまだ大統領選での敗北を認めていないトランプ米大統領だが、ホワイトハウスを去るべくフロリダ州パームビーチにある別荘「マー・ア・ラゴ」の改築工事を依頼し、秘密裏に退任後の準備を着々と進めているとピープル誌が報じた。メラニア夫人も同地で息子バロン君(14)の学校を探し始めたとの関係者の証言も伝えており、来年1月20日の退任後は一家でマー・ア・ラゴに移住する可能性が高いという。



トランプ大統領は国内に複数の不動産を所有しているが、約5806平方メートルもの広大な敷地に120を超える邸宅がそびえる会員制リゾート施設マー・ア・ラゴの敷地内に独立した約56坪のプライベート空間を有している。室内は金箔(きんぱく)をふんだんに使った豪華絢爛(けんらん)な作りになっているといわれているが、関係者によると、増築してよりモダンで快適な空間になるよう改築工事を行っているという。


トランプ大統領にとっては19年にニューヨークのトランプタワーから居住地を移すほどのお気に入りで、過去には安倍前首相夫妻を招待したことがある特別な場所としても知られている。選挙戦後は度々ゴルフを楽しむ姿が伝えられるトランプ大統領にとって、自身が所有するゴルフ場が車で数分の場所にあるマー・ア・ラゴは最高の環境であるだけでなく、友人も多く住んでおり、トランプタワーのあるニューヨークとは違って、地域の人々に常に温かく受け入れられていることも大きな理由の1つだと同誌は指摘している。



メラニア夫人は大統領の任期終了後に離婚を希望していると一部で報じられているが、別荘にはトランプ大統領とは別に自身の寝室も所有していると言われており、当面は家庭内別居する可能性もありそうだ。


一方、トランプ米大統領は5日、南部ジョージア州で、先月の大統領選で敗北が決まって以降初めての支持者集会を開いた。


選挙結果をめぐる訴訟の大半が退けられる中、トランプ氏は「われわれは勝った。決して屈しない」と語り、自身の求心力維持に向け、徹底して闘う姿勢をアピールした。



約1万人の支持者が集会に参加。トランプ氏は「もし負けていれば優雅な敗者となり、フロリダで気楽に過ごし、『よい仕事をした』と振り返っていただろう。だが、彼らが選挙を盗み不正を働いた時、その結果を受け入れることはできない」と強調した。


集会は、来年1月5日の上院2議席の決選投票に向けた共和党候補の応援が名目。ただトランプ氏は選挙不正を特集した保守系ニュース局の映像を演説中に紹介するなど自身に関する訴えが目立った。また「(不正を訴え)ホワイトハウスを取り戻す。願わくば私が候補者である必要がないといいが、2024年もまた勝つ」と語り、再出馬の可能性にも言及した。



米メディアによると、トランプ氏は集会に先立ち、ジョージア州のケンプ知事(共和)に電話し、投票結果に反してトランプ氏支持の選挙人を選ぶよう協力を求めたが、知事は拒否したという。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ