Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米国が太平洋での国際法違反「より積極的に」対応…中国軍が会議出席拒否と批判uc

 アメリカのインド太平洋軍は16日、海洋と航空の安全を高める目的で予定していた米中両軍の会議について、中国の人民解放軍が出席を拒否したと批判する声明を出しました。



アメリカのインド太平洋軍によりますと、会議は、米中両軍のリスクを減らし、海洋と航空の安全を高めるため、1998年以来、定期的に開かれていて、今回は14日から16日の日程で開催が予定されていました。

 

しかし、中国の人民解放軍が出席を拒否したということで、デービッドソン司令官は、「中国が合意を守らないことの一例だ」と批判しています。ただ、「国防総省は引き続き、人民解放軍と建設的で安定した関係を摸索する」として、対話を続ける姿勢も強調しています。これに対し中国側は・・・

 

中国外務省報道官は「中米両軍が今年の海上軍事安全協議をまだ行っていない責任は、完全にアメリカ側にある」。



外務省報道官は、「責任は完全にアメリカ側にある」と反発。また、中国海軍は、「双方が議題について合意していない状況のもとで、中国側の参加を強要しようとした」と非難しています。


米国防総省は17日、特に南シナ海(South China Sea)での活動を活発化させている中国を念頭に、国際法違反に対し「より積極的に」対応していくと警告した。


海軍、海兵隊、沿岸警備隊による報告書は、ロシアと中国をはじめとする複数の国が主要地域での力のバランスを崩そうとしており、既存の世界秩序の弱体化を試みていると強調した。また、中国は「最も火急の、長期的・戦略的脅威」だとしている。


米国は、中国への対抗措置として「航行の自由」作戦を展開し、南シナ海へ軍艦を派遣している。



中国海軍の軍事力は「わずか20年で3倍以上」となっており、米海軍は戦略的優位を維持するため、軍艦の小型化、機動性の向上、遠隔操作を可能にするなど近代化を進めている。また、今後は日々の作戦において「より積極的な姿勢を取っていく」としている。


米国のジェイ・バイナム(Jay Bynum)海軍少将は、これまでは緊張緩和を目指し、リスクを最小限に抑えようとして、「道を譲って」きた可能性があると述べた。


報告書は、米海軍は太平洋での存在感を強め、国際法に違反し、資源を盗み、他国の主権を侵害する敵国の行為を発見すると明記している。


一方、中国、27年に米軍並み軍事力に。アジアで新目標、台湾へ接近阻止。



中国人民解放軍が軍創設100年の2027年までの目標として、アジア太平洋地域で米軍と均衡する軍事力を確保し、米軍の台湾などへの接近を阻止することを新たに設定したとみられることが分かった。複数の中国筋が18日までに明らかにした。


最近、南シナ海や台湾海峡で中国軍が演習や偵察行動を活発化させているのは目標達成へ向けた一環といえる。米軍は中国軍の海洋支配に警戒感を強めて南シナ海で「航行の自由」作戦などで対抗しており、今後も同地域で軍事的な緊張が高まっていくのは確実だ。


アジア太平洋地域で確固たる地位を築き、台湾統一への布石にする狙いとみられる。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ