Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米フロリダ州で竜巻伴う嵐、格納庫破壊、小型機仰向けflo

 米フロリダ州北西部パンハンドル地区が27日、竜巻を伴う暴風雨に見舞われ、タラハシー国際空港が一時的に閉鎖された。



州都タラハシー市は、同空港の格納庫が破壊され、小型機が仰向けにひっくり返った写真をツイッターに掲載した。


タラハシー国際空港は「悪天候の影響による被害状況を調べるために、空港を一時的に閉鎖している。現時点で負傷者は報告されていない」とツイートした。


空港は現地時間の午後1時47分ごろ再開した。「滑走路1本はまだ閉鎖中で、最終的ながれきの除去と安全点検を行っている。残る滑走路は使用できる」と同空港は伝えている。



米国立気象局(NWS)タラハシー支部は竜巻の発生直後にツイッターを通じて緊急警報を出し、「午前11時43分、レオン郡。竜巻が発生しています! 今すぐ避難を! 地下または頑丈な建物の一番下の階の奥の部屋に移動を。窓に近づかないように。飛んでくる物から身を守ってください」と呼びかけた。


レーダーには竜巻が空港の周辺や上空を移動する様子が映っていた。警報は午後0時半に解除された。


暴風雨は同日午後にかけ、同州北東部のジャクソンビル都市圏に接近した。


同州ゲインズビル北部からジョージア州南東部にかけての一帯に及んだ悪天候は、タラハシーを襲った時点からはやや弱まった。



NWSタラハシー支部は、これまでの被害の程度を調べた結果、今回の竜巻は風速29~38メートルの強風を伴う「EF―0」に相当すると説明し、竜巻の風速や幅、接地時間については今後公表するとしている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ