Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

赴任した新韓国大使が天皇陛下への侮辱表現をひっこめるヘタレた態度を見せkang

 韓国の姜昌一(カン・チャンイル)新駐日大使が22日、赴任した。同日午後、成田空港に到着し、「韓日両国の友好協力の促進、強化のため最善を尽くす」と記者団に語った。



韓国で日本政府に旧日本軍の慰安婦被害者への賠償を命じる判決が出たことなどを受け、菅義偉首相が南官杓(ナム・グァンピョ)前大使との離任の面会を見送るなど、このところ両国関係は悪化している。これに対し、姜氏は「事案に応じて討論することは討論し、交渉することは交渉し、協力することは協力していくべきだと思う」と述べ、事案ごとに分けて対応する必要があると指摘した。


姜氏は、2015年末の韓日の慰安婦合意に日本政府による10億円の拠出のほか、両国が協力して被害者の名誉と尊厳を回復するための事業を行うとの条件が含まれていることに関し、両国が新たな組織を設けて事業を議論すべきとの見解を示した。



これと関連し、韓国政府が設立して日本政府が10億円を拠出した「和解・癒やし財団」の解散後、基金が余っていることを取り上げ、「両国政府がその金も合わせて基金を設立する問題について話し合うべきではないか」と述べた。


また、韓国政府は慰安婦合意を破棄してはいないとし、財団の解散は理事長や理事らが自ら辞任したことによるものだと強調した。


姜氏は、日本政府が新型コロナウイルス感染症対策として義務付けている2週間の待機期間を経た上で、外交活動を始めることになる。菅氏や茂木敏充外相らとの面会などを推進するという。



日本の一部メディアは、姜氏が過去に天皇について「日王」という表現を使ったことを問題視しているが、この日、姜氏は日王ではなく「天皇陛下」と発言した。


昨年、文喜相議長(当時)が慰安婦問題で天皇への謝罪を求め日本で大きな反発が起きた際には「日本の政治家たちが難癖をつけている」、「戦争の責任は天皇にあり、主犯の息子である(現在の)天皇が謝罪すればすべて解決する」と全面擁護していた。


今年8月には、国立墓地に埋葬されている親日派の墓を暴いて移す「破墓法」という法案について賛意を示し、「国立墓地には仇(親日派)がいるが、国家の有功者や愛国の志士たちがあの世で落ち着いていられるか」、「自分が亡くなった後、横で仇が幽霊としてさまよっていたらどう思うか」、これが1の朝鮮人の最近の発言です。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ