Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「コナ・エレクトリック」の危機、韓国の電気自動車産業が崩壊kona

 また燃えてしまったようだ。韓国ヒュンダイの電気自動車、それも充電中にだ。77,000台のリコールを強いられたことに加え、自動車の価格暴落で所有者から集団訴訟まで起こされてしまった。韓国民の愛国心はすでにコナゴナである。



大邱(テグ)市内の電気自動車充電器で充電中だった「コナ・エレクトリック」で原因不明の火災が起こり、消防当局が鎮火した。


23日午後4時11分ごろ、大邱市達西区流川洞(タルソグ・ユチョンドン)あるタクシー会社に設置された共用電気自動車充電器で充電中だったコナ・エレクトリックで原因不明の火災が発生した。


電気自動車下部のバッテリー部分の危険性から消火が困難だったが消防当局により同日午後8時現在で完全に鎮火した。



火災が発生した車は住民所有の車という。警察と消防当局は車の持ち主の陳述などに基づき火災原因を調査する方針だ。


コナ・エレクトリックで火災が発生したのは今回が初めてでない。2018年にコナ・エレクトリックが発売されてから昨年まで韓国国内で10件以上の火災が発生しているという。


相次ぐ火災で現代自動車は内外で販売されたコナ・エレクトリック7万7000台を対象にリコールを進めている。



一方、コナ・エレクトリックの所有者170人ほどは相次ぐ火災でコナ・エレクトリックの中古車価格など車の価値が落ち込む損失が発生したとして現代自動車を相手取り集団訴訟を提起している。


リコールでも改善する見込みはない。


充電中に燃えるというのは明らかにバッテリー絡みの不良なんだが、リコールでもなお改善される見込みがないというのが悲しい限りだね。



ひとまずこれで韓国の電気自動車産業の未来は終わった。ここまで多くの発火事故を起こすということは、何か深刻なトラブルを抱えながら解決できないことを意味しているからだ。そう、ホワイト国除外のようなね。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ