Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国のダミー会社が精巧すぎる任天堂パクリゲーを配信nitendo

 数々の類似ゲームを生んできた韓国が、ポケモンのパクリゲーム『ポケットトレーナーDX』というゲームをAndroid向けにリリースし話題となっている。



このゲームは任天堂やポケモンの許可を得ておらず、Fanya Game LTDという会社がリリースしている。1月6日というのはアプリの最新版の更新日であって、少なくとも去年12月にはプレイストアにあったぞ。


パクリゲーお約束の低クオリティゲームかと思いきや、なかなか良く出来ている。下手したらスマホでリリースされているポケモン関連ゲームのどれよりもクオリティが高いのではと思ってしまうほど。


ただストアで使われている絵はポケモンアニメを流用している。


ゲームの内容は古典的なターン制RPGと説明されており、各キャラクターにはA、S、S+などのレア度がついている。レアキャラを引くにはダイアを課金して強いキャラクターを引き当てなければならない。


ストアのページにはこう書かれている「歴代級超高画質」、「200匹以上のモンスターを育成可能」、「数ある陣形を駆使し最強の陣形を作ろう」、「PVP対応」だ。


更には公式コミュニティも存在しそこでは数多くの投稿が書き込まれており、「量産型の中国産ゲームじゃないだろうな」、「お前中国の子孫かよ(パクるなという意味)」、「iPhone版や開発しろ」という書き込みが確認出来た。


このゲームに対して公式が放置するはずもなく、韓国ポケモンが警告しており、近い内に削除されそうだ。そもそも何故GoogleはPlay Storeにこれを置いたのか気になる。


過去に『ポケモンGO』が流行った際、韓国では便乗して韓国人気アニメを使った『ポロロGO』をリリースしたことがあった。


見たところ単純なソースコードぶっこ抜きじゃなく作り込んでるしクオリティも高いのに、なぜこれをオリジナルキャラクターでやるか、正式にライセンス契約結んでリリースしなかったのか理解に苦しむ

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ