Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

外務省は韓国大使に抗議…韓国、日本との関係消失確定pntm

 水面下で静かに進行していたもう一つの”賠償判決”が今日下った。日本政府に対して慰安婦が賠償を求めるというもので、日本政府は取り合わない姿勢を見せていることから控訴もされない。よってこのまま確定判決となり、日本政府の韓国内資産が差し押さえられ現金化される可能性もあるということ。日本企業でなくとも十分関係断絶の燃料となりうる事案だ。



韓国のソウル中央地裁は8日、故人を含む旧日本軍の元従軍慰安婦の女性12人が日本政府に損害賠償を求めた訴訟で、請求通り1人当たり1億ウォン(約950万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。


日本政府は、国家は外国の裁判権に服さないとされる国際法上の「主権免除」の原則があるとして訴訟への関与を拒んだ。地裁は、慰安婦の動員や管理は「反人道的な犯罪行為」で、主権免除を適用すべきでないとの原告側主張を受け入れた。



日本が従来の姿勢を続け控訴しなければ判決が確定し、日本政府の資産が差し押さえられる可能性もある。韓国での同種訴訟の判決は初めて。


日本外務省「極めて遺憾」、韓国大使に抗議。


ソウル中央地裁が日本政府に対し、旧日本軍の慰安婦だった韓国人女性らに慰謝料を支払うよう命じる判決を出したことについて、日本外務省の秋葉剛男事務次官は8日午前、韓国の南官杓(ナムグァンピョ)駐日大使を呼び、「極めて遺憾であり、日本政府として判決は断じて受け入れられない」と抗議した。


加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、「国際法上の主権免除の原則から、日本政府が韓国の裁判権に服することは認められず、訴訟は却下されなければならない」として、日本政府が裁判に関わらず控訴しない考えを示した。その上で、「慰安婦問題を含め、日韓間の財産請求権の問題は1965年の日韓請求権協定で解決済み。判決は極めて遺憾だ」と述べた。



慰安婦問題はいまや韓国との関係を断ち切るための日本の外交カードになりつつあるからね。慰安婦合意を破った国際法違反の文在寅政権と永遠に糾弾するための材料になりうる。この判決が出て頭を抱えているのは文在寅政権かもしれない。


この判決は確か二段階のはずだ。来週もう一つ同じ慰安婦への賠償判決が下るはず。それで決定打だと思うよ。ビジネストラックもレジデンストラックも韓国だけ外すような流れになることを期待する。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ