Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

世界で接種希望急増、日本は停滞…原因は何ですか?t

 新型コロナウイルスワクチンに対する懐疑論が、世界的に大きく後退している。



英調査会社イプソス・モリが主要15カ国で実施した国際比較調査によると、すべての国で昨年12月から今年1月にかけて接種希望者が増加した。ただ、日本は調査対象の中では強く希望する人の割合が最も低かった。


コロナワクチンをめぐっては、各地で接種が始まる中、争奪戦の様相を呈している。同社は「人々の当初のためらいは、すぐに接種したいという姿勢に急速に変化している」と指摘した。


調査は日米中など15カ国で16~74歳の約1万3000人を対象に、1月14~17日に実施。「もしワクチンを接種できるなら、接種しますか」との質問に対する回答を昨年12月時点と比較した。



それによると、「ぜひしたい」と回答した人の割合はすべての国で増加。特に接種が始まったイタリア、スペイン、英国などでは20ポイント以上の大幅な伸びを記録した。


「ぜひしたい」の割合はブラジル(68%)、英国(66%)などが高かった。感染者、死者が世界最多の米国は42%。日本は17%と調査対象の中で最低で、「ややしたい」の人を合わせると64%だった。


ワクチンの副反応については、日本で62%から懸念の声が上がり、米英中独もほぼ同じ水準だった。同社は「日本人が接種を最もためらっている。これは過去の調査でも見られた傾向だ」と述べた。



今件詳細はイプソス・モリの本国公式サイトで1/25付で公開された報告書「Attitudes to COVID-19 vaccines [featured at the Davos Agenda 2021]」で確認できます。設問は「新型コロナに対するワクチンがあった場合、貴方は接種するか」です。日本は該当国中確かに「強く同意」が一番少ないですが、「やや同意」まで合わせると64%となり、米国、フランス、南アフリカ、ロシアより多くなります。また「強く非同意」の値も10%と少なめで、日本人特有の「強い意思表示が苦手」な傾向が出た可能性があります。


なお「強い同意」の前回調査(2020年12月)からの増加分について、日本は6pですが、米国は4p、南アフリカは2p、ロシアは5pに留まっています。逆にイタリアやイギリス、スペインといった猛威を振るっている欧州では20p以上の増加が確認できます。


文化差というのも経済・経営の重要な研究対象なのですが、世界の文化を比較したジョークにこんなのがあります。



誰かに何かをやらせたいとき、米国人に対しては「今ならヒーローになれる」といって促す。英国人に対しては「それが紳士淑女たるもの」といって促す。日本人に対しては「みんながやってるよ」といって促す。


世界の人々がやりたいと言っている、日本人は遅れてるね!というのは、古典的な日本人への行動喚起戦術として知られているわけです笑。私はワクチンを否定するわけでは決してありませんし、もちろん大きな期待を込めております。ですが、こうした文化差の研究を行った論文の最終段落は、たいてい「あなたが判断をするときは、こうした自国文化の影響をよく理解しておきましょう」だということを、お伝えしておきます。人気投票ではなくエビデンスに基づいて判断したいですね!



いまドイツ&アメリカ、英国&スウェーデンが開発したワクチンが世界中で売れて切望されている。しかしこの仲間に入れなかったフランスは、「なぜフランスのワクチン開発は遅れをとったのか」と真剣に嘆いている。


日本の国産ワクチンも、製薬会社がしのぎを削っているが、完全に遅れをとっている。


2つの国には共通点がある。(この調査のなかには入っていないようだが)フランスは、日本に負けず劣らずワクチン不信が強い国であるということだ。


遅れをとった原因は色々あるのだろうが、自国民のワクチンに慎重な態度は、一因なのではないかと思う。製品化する前には治験が必要だし、自国民が進んで打ちたがらない国の製品を、どの外国が買いたがるだろうか。


新しい薬やワクチンに慎重な態度は、新しいものがゆえのリスクを回避するという長所があるが、こういう非常時には短所があらわになっていると感じさせる。



新型コロナによる死者数が世界最多の米国では、ワクチン接種の希望者が以前に比べて増える一方、接種に反対する団体が、「新型コロナなんてものはもともと存在しない」と言い張り外出規制やマスク規制に反対してきた極右グループを巻き込んで、反対活動を活発化させている。ロサンゼルスではワクチン接種の会場となっているドジャー・スタジアムに30日、反対派が押しかけ、一時会場が閉鎖される騒ぎが起きた。ワクチンに関するデマ情報を拡散したとして、ソーシャルメディアの使用禁止措置を受ける団体も相次いでいる。そもそも、米国で新型コロナの感染がこれだけ広がったのはトランプ前政権下で社会の分断が加速し、有効な対策が取れなかったのが一因とも言われている。米社会の深い分断は、依然として新型コロナとの戦いに暗い影を落とし続けている。


新しいワクチンに対してなんとなく怖いというイメージを持つことは仕方ないことです。実際には新型コロナに感染することも怖いことなのですが、その「怖さ」を公平に評価することはなかなか難しい。そういうときに確かな知識を元に判断することができるようにするような報道をお願いしたいです。怖いという感情があるということを強調するのではなく、正しい知識で判断できるように客観性のある報道をするように。診察室の中で僕らがやっていることも同じです。何らかの治療を説明したときに、患者さんが副作用が怖いと言えば、怖いということを否定することもおかしいのですが、そこで放置するのはもっとおかしい。客観的にみてどういう情報が正しいか話す。新型コロナワクチンは、現状では、おおざっぱにいえば高い効果と安全性がわかってきていると言えると思います。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ