Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

東京都「地震危険度」ランキング…東京都内で地震に最も弱い地域はどこ?tokyo

 日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあてるのは「地震危険度」。1月17日は「阪神・淡路大震災」が起きた日。いま一度、地震について考えてみませんか。



「阪神・淡路大震災」から、今年で26年…


1995年1月17日午前5時46分、淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生、阪神・淡路大震災を引き起こしました。最大震度は7。1949年に震度7が導入されて以降、実際に適用された初めての地震となりました。


震度7は「激震. 家屋の倒壊が30%以上に及び, 山くずれ, 地割れ, 断層などを生じる」と定義されていますが、これまで阪神・淡路大震災以外に記録したのは、2004年「新潟県中越地震」、2011年「東北地方太平洋地震(東日本大震災)」、2016年「熊本地震」、2018年「北海道胆振東部地震」の4つです。



阪神・淡路大震災では、死者は6434人にも及びました。そのほとんどは圧迫死による即死状態でしたが、一部、火災等、他の原因による死者も報告されています。死者のほとんどが圧迫死だったのは地震発生が早朝で、多くの人が睡眠中だったからとされています。また精神的ショックのほか、病院で人工呼吸中の患者が停電による酸素供給停止による死亡例も報告されています。さらに震災に伴う過労や環境悪化等による病死などの二次的犠牲者も多く発生。「震災関連死」として認定された死者数は約900人にものぼりました。


また記憶に深く刻まれているのは、地震発生後の火災ではないでしょうか。特に神戸市長田区などでは火災が延焼拡大し、大規模火災となりました。阪神・淡路大震災では計285件の火災が発生。出火の大半が原因不明とされていますが、判明したものの多くが電気・ガス関連だといわれています。いわゆる「電気火災」が注目されるきっかけになりました。



大規模な火災というイメージが強いでしょうが、当日は風が弱かったため延焼速度は比較的遅かったとされています。古い木造家屋の密集、可燃物量の多さのほか、家屋の倒壊・損壊も、延焼拡大に繋がったとされています。一方で延焼が止まった原因は、耐火造建物の存在や道路、線路、空地、公園の存在、開口部対策がとられていたことなどがあげられています。


日本でどれくらい地震が起きているのか?


日本で暮らしている以上、地震と無関係ではいられないのは、誰もが覚悟しているところ。ところで実際にこの日本では、どれくらいの地震が起きているのでしょうか。



気象庁「震度データベース検索」によると、記録の残っている1919年からの震度1以上の地震の発生。


1960年代が突出しているのは、1965年から5年半に渡り起きた「松代群発地震」の影響が大きいと推測されます。松代群発地震は5つの活動期に分けられる群発地震で、最大震度は5でありながら1日に600回を超える有感地震が記録されるなど、世界的に見ても珍しい地震でした。



 過去10年間でみてみると、「東日本大震災」が起きた2011年、「熊本地震」が起きた2016年は、地震回数が突出しています。


昨年、震度1以上の地震は1714回。最大震度は3月に石川県能登地方で発生した度5強でした。また震度5弱は、6月に1回、9月に1回、11月に1回、12月に3回、計6回、発生しています。


地震回数はそのときどきで大きく違いますが、毎日、日本のどこかで地震が起きているわけですから、やはり日々の生活の中で地震のことを考えずにはいられないでしょう。近年は度重なる災害から、各市区町村でハザードマップを作成。地震についても、実際にどれくらいの被害が予想されるのか確認することができます。日々の防災に役に立てたいものです。


東京都内で地震に最も弱い地域はどこ?


東京都の場合、条例に基づき、地震に関する地域危険度測定調査を行い、結果を公表しています。だいたい5年ごとに調査は行われ、2018年で8回を数えています。調査では、都内の市街化区域の5,177町丁目について、地震に関する危険性を「建物倒壊危険度」、「火災危険度」、「災害時活動困難度」に分けて測定。「災害時活動困難度」は道路の整備状況による災害時の活動の困難さ。「総合危険度」を公表しています。「総合危険度」は建物倒壊危険度、火災危険度に災害時活動困難度を加味して総合化。




それによると、都内5117町丁目で最も「地震総合危険度」が高いと評価されているのが、「荒川区町屋4丁目」。東京メトロ千代田線「町屋」駅から徒歩5分ほどの地域で、狭い路地に木造住宅が密集するエリアです。地震の際の揺れが増幅されやすい「沖積低地4」の地盤に分類される地域で、「建物倒壊危険度」は8位、「火災危険度」は6位、「災害時活動困難度」は124位にランクイン。「総合危険度」1位となりました。


ちなみに「建物倒壊度」の1位は、「京成曳舟」駅と「小村井」駅の間に広がる「墨田区京島2丁目」。「火災危険度」の1位は「北千住」駅が最寄りで荒川からもほど近い「足立区千住柳町」。「災害時活動困難度」の1位は「高尾駅」からさらに山間部へ行った「八王子市裏高尾町」でした。



これはあくまでも相対的な評価なので、実際に地震が起きた時に、評価が高いから被害が少なくなる、評価が低いから被害が多くなるとは言い切れません。ただ今後の地震対策に役立てることはできる、というのは確かなので、参考にしてみてはどうでしょうか。


阪神淡路大震災で学んだのは、地震の起きる確率の研究なんて当てにならないと言うこと。地震が比較的少ない地域でも、いつ大震災になるかわからない事。日本にいる以上、どこにいても被災する可能性がある事。防災対策の一貫として、倒壊や火事の危険性を知ることは大切だと思いますけどね。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ