Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国製ワクチンの導入国で先走り購入が完全に裏目tq

 新型コロナウイルス克服のため、急いで中国産ワクチンを購入した一部の国が「頭を抱える結果」になっていることがわかった。



ニューヨーク・タイムズは26日(現地時間)、中国の製薬会社「シノバック」が開発した新型コロナウイルスワクチンの輸送遅延と効果に対する不透明なデータによって、一部国家で問題になっていると報じた。


フィリピンの場合、一部の国会議員らが政府の中国産シノバックワクチン購入決定を批判している。シノバックが開発したワクチンを購入したシンガポールとマレーシアも「中国産ワクチンが安全で効果があることを確認した後、接種を開始する」という言葉で国民に”不安”を与える結果となった。


シンガポールの元外務次官ビラハリ・カウシカン氏は「ワクチンに関するデータが不十分」として「いまなら、中国産ワクチンは一切購入しないだろう」と明らかにした。



シノバックワクチンの免疫効果は当初90%と伝えられていたが、臨床実験を実施した国家によって予防効果にばらつきがあり、これが混乱を招いている。


去る12日「ブルームバーグ」によると、ブラジルでシノバックの臨床実験を担当したサンパウロ州政府傘下の研究所は、予防効果が50.38%との結果が出たと発表。インドネシアでは68%に留まると調査された。


先ごろ、シノバックワクチンの効果が世界保健機構(WHO)が提示した新型コロナウイルスワクチン緊急使用の最小基準である50%を”何とか超えた”という研究結果が発表された。



また、トルコとブラジルではシノバックワクチンの輸送遅延が問題となっている。


この先『支那ウィルス』が更に変異して、ワクチンの効果が低下するかも。死屍累々の国々では、出来たワクチンに群がるのは理解できるが、“”支那ワクチン””はどうなのよ?!


支那共産党の奴らは真っ先にワクチンを接種しただろうけど、

習近平らは北京から離れて、少人数でどこかに引き籠っているらしい。最近姿を見せないのは、打ったワクチンの効果に疑義があるからだろう。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ