Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

トランプ政権閣僚ら、大統領の即時免職を協議…批判「トランプ氏が扇動」trumpdown

 米主要メディアは、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の支持者らが連邦議会議事堂内に突入した問題を受け、トランプ政権の閣僚らが6日、合衆国憲法修正25条に基づいたトランプ氏の大統領の即時免職について協議したと報じた。



修正25条は、米大統領が「職務上の権限と義務の遂行が不可能」だと判断された場合に、副大統領と閣僚らで構成される大統領顧問団(内閣)に大統領を免職する権限を認めている。修正25条の発動には、マイク・ペンス(Mike Pence)副大統領が大統領顧問団を率いて免職の可否を問う投票を行う必要がある。


米CNNは、匿名の複数の共和党幹部の話として、修正25条の発動が協議されたと報じた。この共和党幹部らは、トランプ氏について「制御不能」だと述べたという。


米ABCのキャサリン・フォルダース(Katherine Faulders)記者は、「複数の」情報筋から修正25条の発動に関する協議が開かれたとの証言を得たと報道。一方、米CBSのマーガレット・ブレナン(Margaret Brennan)記者は、ペンス氏に対してトランプ氏の免職を求める「正式な」申し立ては今のところ提起されていないと伝えた。



トランプ氏をめぐっては、デモ隊の議事堂突入に先立って支持者らをあおったことや、大統領選での敗北は大規模な不正によるものだとの根拠のない主張など、数々の不可解な言動を受けて、大統領としての職務遂行能力を疑問視する声が上がっている。


侵入する前代未聞の事態が起きたことを受け、一部の共和党議員はトランプ大統領に騒ぎをあおった責任があるとし、批判した。


大統領選で不正があったと主張し、敗北をまだ認めていないトランプ氏は先月、選挙人投票が行われる1月6日にワシントンで大規模抗議集会を開くことを提案。この日のワシントンでの演説でも、支持者に対し、議事堂に行進して選挙手続きに抗議の意を表明し、議員らに選挙結果を拒否するよう圧力をかけるべきだと訴え、「戦い」を呼び掛けていた。



チェイニー元副大統領の娘であるリズ・チェイニー下院議員は「大統領が暴徒を結成し、演説し、扇動した。火を付けたのは大統領だ」とツイッターに投稿。議会乱入は、大統領選の選挙人投票を正式に集計し、結果を認定するという、憲法で定められた議会手続きの妨害が目的だったと指摘した。


また、トランプ氏支持者のマイク・ギャラガー下院議員は騒動について「米国の議事堂で、政情不安を抱える途上国のような騒ぎが起きている。トランプ大統領はこの事態を止めるべきだ」とツイート。


同じくトランプ氏を支持するフレンチ・ヒル下院議員もCNBCに対し、「大統領は過熱した論調の責任の一端を担っている」と語った。



ジョージ・W・ブッシュ元大統領は声明で、トランプ氏の名前は出さなかったものの、「大統領選以降の一部の政治指導者の無謀な行為と、きょう(の議会乱入で)示された米国の制度や伝統への敬意の欠如にがくぜんとしている」と表明した。


同じ共和党員でありながらもトランプ氏をたびたび批判してきたミット・ロムニー上院議員は「きょう議会で起きたことは米国大統領があおった反乱だ」と強く非難した。


一方、トランプ氏のツイッターアカウントを凍結。


アメリカ大統領選の結果の認定手続きをめぐり、トランプ大統領の支持者らが首都ワシントンの議事堂に侵入したことを受け、ツイッター社はトランプ大統領のツイッターアカウントを12時間凍結すると発表しました。



地元メディアによると、削除されたのは、大統領選の結果を認定する議事の進行役であるペンス副大統領に圧力をかけたり、トランプ支持者を「愛国者」と表現したトランプ大統領自身のツイートです。


ツイッター社は、「ワシントンDCでの前例のない、いまだ続く暴力的な状況の結果として、我々は本日早くに投稿されたトランプ大統領の3つのツイートを、度重なる重大な規約違反のために削除するよう要請した」と発表しました。


削除後12時間は、トランプ大統領のアカウントは凍結されるということです。さらにFacebook社も、大統領が投稿した動画を削除しました。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ