Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国軍が兵士の給与40%アップ…海警局の船が日本の領海に侵入

 独自報道で定評がある香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)が「中国の人民解放軍が今年、兵士の大幅昇給を計画している」と報じ、海外メディアも報道を引用して伝えている。人材の確保や流出防止のため大胆な財政措置に乗り出しているとみられる。



報道によると、人民解放軍は軍人の給与を一気に40%引き上げると見込まれている。その中でも、勤務環境が過酷な新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)やチベット自治区(Tibet Autonomous Region)、他国との対立が続く東シナ海や南シナ海に勤務する兵士、さらに「前途有望な若手軍人」には特別手当を上積みするという。匿名の北京在住の上校(大佐に相当)は取材に「昇給は近く実施されると聞いている。最大で7000元(約11万4058円)増え、月収は2万元(約32万5882円)を超える」と語っている。


中国の人口約14億人に対し、現在の軍の総兵員数は約200万人。中国では名目上は徴兵制をとっているが若者全員を入隊させる必要はなく、志願者によって軍を構成してきた。



習近平(Xi Jinping)国家主席は就任後、「(召集があれば)すぐ戦い、戦えば必ず勝つ軍隊」づくりを強調し、軍のスリム化やハイテク化を進めてきた。


ただ、兵士の平均給与の詳細は明らかではないが、同年代の会社員らと比べて給与は高くないといわれている。軍の給料問題は慢性的なもので、一部の地域や部署ではサボタージュや物資の横領などの問題行為が起きているとも指摘されている。また、退役軍人が年金や社会保障への不満から各地で抗議行動を起こしている。こうした現状は現場の士気を下げ、若者が入隊を敬遠することにつながる。優秀な人材を集め、さらに流出を防ぐため、給与の大幅アップが考えられているようだ。



中国では「好鉄不打釘、好男不当兵」(良い鉄はくぎに使われず、良い男子は兵にならない)という言葉が古くからある。「優れた男は最前線で戦わされる一兵卒にならない」という意味合いだが、最近では「高学歴の知識人は兵士にならない」と表現できる。経済成長が続く近年の中国では、高学歴の若者が次々と起業したり、一流企業に高額の年俸制の契約で入社したりしている。宇宙部隊の創設や原子力空母の建造など軍の高度化を進める指導部にとって、若手の優秀な人材確保は不可欠。特別手当を積み増す対象に「前途有望な若手軍人」が入っているのはそうした背景があると推測される。


一方、海警局の船が日本の領海に侵入 「海警法」が施行後初。



第11管区海上保安本部(那覇)によると、沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海警局に所属する公船2隻が6日、約8時間半にわたり日本領海に侵入し、日本漁船2隻に接近する動きを繰り返した。中国海警局の武器使用規定を明文化した「海警法」が1日に施行されてからの領海侵入は初めて。公船の行動に、施行前と異なる新たな特徴はなかったという。日本漁船への接近は昨年8件あり、今年は6日を含めて2件あった。外務省は中国に厳重に抗議した。


6日午前4時45分以降、尖閣諸島の南小島の沖で、領海の外側の「接続水域」にいた中国公船4隻のうち2隻が領海に侵入した。同52分以降、南小島の南約22キロの海上にいた日本漁船を断続的に追尾するような動きを見せた。漁船2隻が領海から出ると、公船も午後1時14分、領海の外側に出た。



海上保安庁は不測の事態が起きないよう漁船の周囲に巡視船を配備して安全を確保したほか、中国公船に対しては速やかな退去を要求した。外務省の船越健裕アジア大洋州局長も同日、在日中国大使館公使に「尖閣は日本固有の領土で領海侵入は受け入れられない」と抗議し、漁船への接近の中止と退去を求めた。中国は「日本漁船の操業は(中国の)領海への侵入」と主張するなど独自の反論をしたとみられる。


中国公船による尖閣周辺での領海侵入は今年4回目。中国は昨年から、尖閣周辺を航行する日本漁船に接近したり、追尾したりする動きを繰り返すようになっており、領有権を主張する狙いがあるとみられる。


日中両政府は3日に、尖閣周辺での偶発的衝突の防止など、東シナ海に関する問題全般について話し合う「高級事務レベル海洋協議」をテレビ会議形式で開催。日本側はこれまでの日本漁船への中国公船の接近や、海警法施行を受けた懸念を伝え、国際法に違反しない形での運用を求めていた。海警法には、海警局が武器を使う際の法的根拠となる上、中国が独自に設定した「管轄海域」で外国の軍艦・公船を排除するための規定が盛り込まれている。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ