Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

文在寅が「韓国製の新型注射器を日本が8千万本購入する計画だ」

 韓国の文在寅大統領は18日、新型コロナウイルスワクチン接種用の特殊注射器の量産を今月始めた医療機器メーカーを視察し「米ファイザー社をはじめ、日米など世界の約20カ国から2億6千万本以上の購入要請を受けている」と明らかにした。



ファイザー製ワクチンの場合、一般の注射器は1瓶当たり5回分しか取れないが、特殊注射器は6回の接種が可能。限られたワクチンを無駄なく使えるため注目が集まっているが、世界的に品薄で日本も確保が遅れている。メーカー側は、日本から約8千万本の購入要請があるとしている。


注射器の件は確かに去年には間違いないが、問題として表に出てきたのはワクチン接種が開始された12月半ば頃だっただろ。



それも後出しジャンケンみたいなやり方での公表だったからアメリカ政府ですらファイザー社にキレてた。


ファイザー社のお膝元でも対応しきれなかったものを日本がどうやって先んじて対処出来たと思えるのか不思議でならん。


韓国が生産したコロナワクチンが韓国人を素通りして海外に運ばれるある意味で悲惨な事態が発生中


国内の新型コロナウイルス感染拡大への緊急対応を目指し、先ごろ、保健省・医薬品管理局のレ・ベト・ズン副局長が署名した流通登録を済ませない医薬品の輸入に関するデジタル文書に基づき、医薬品管理局はベトナムのアストラゼネカ有限会社にコロナウイルス・ワクチン20万回分の輸入を許可しました。



このワクチンはCovid‐19 アストラゼネカと呼ばれ、韓国のSKBioscience 有限会社が生産したものです。このワクチンは条件付けのベトナムへの納入を許可される初のワクチンとなります。また、このワクチンは英国の製薬大手アストラゼネカ(AstraZeneca)がオクスフォード大学と連携し、研究・開発したものです。輸送と手続きが予定通り進めば2月末までに到着するとしています。


同時に、世界保健機関(WHO)が主導する世界的なワクチン配分計画である「COVAX(コバックス)」からもおよそ490万回分が調達されます。 ワクチンが到着すれば、500万人を対象に1回目の接種が行われる予定だということです。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ