Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ミャンマー国のスー・チー氏や大統領が拘束されるmyan

 ミャンマーの与党・国民民主連盟(NLD)筋は、アウン・サン・スー・チー国家顧問やウィン・ミン大統領が1日未明、国軍に拘束されたことを明らかにした。



ミャンマーではNLDが圧勝した昨年11月の総選挙後、初めてとなる国会が1日に招集されるのを前に、国軍が総選挙で不正があったと繰り返し抗議し、緊張が高まっていた。


ミャンマーでは国軍系を除くテレビ局は放送を中断し、電話やインターネットはつながりにくくなっている。ロイター通信によると、最大都市ヤンゴンの市庁舎周辺には兵士が展開。NLD関係者の間で「国軍によるクーデターが起きている」との観測が広がっている。


上下両院の議席を争った総選挙では、NLDが改選476議席の8割を超す396議席を獲得。最大野党で国軍系の連邦団結発展党(USDP)は33議席にとどまった。



スー・チー氏は軍事政権下で民主化運動を率い、長年にわたって自宅軟禁生活を強いられた。2015年の前回総選挙でNLDが大勝し、事実上の国家指導者に就任。重要公約だった憲法改正や少数民族武装勢力との和平を実現できず、昨年の総選挙は苦戦が予想されたものの、前回を上回る圧勝を果たし、続投を確実にしていた。


国軍は1月31日、「総選挙で1050万件を超す不正があった可能性がある」と批判する声明を発表。「国軍は自由で公正な選挙、永続的な平和のため、可能なあらゆることを実行する」と警告していた。


NLDの広報担当者は「国民には早まった反応は控え、法に則り行動することを求める」と語り、自分自身も拘束される見込みだと続けた。



1日未明時点で首都ネピドーは電話がつながらない状態となっている。


国営放送局「ミャンマーラジオTV局(MRTV)」はフェイスブックへの投稿で、技術的な障害により放送できない状態だと明らかにした。


民主主義の女神のように崇められていてのが遠い昔のようだ。最近は指導力の無さと風見鶏ぶりを露呈していた。軟禁されている時が一番輝いていた不思議な人。ミャンマーの民主化に取り組み、ノーベル平和賞を受賞した。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ