Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国SK、対米輸出10年禁止へ…「LG・SKバッテリー紛争」

 米国のジョージア州で韓国のSKとLGが訴訟沙汰となっていた件が思わぬ方向に発展している。SKの全面敗訴が決まったが、これによりSKがLGに数千億円規模の合意金を支払わないといけなくなった。60日以内に合意できなければ対米輸出が10年間禁止されるそうだ。韓国企業の潰し合いから生じてトランプも巻き込んだ事態なだけに注目される。



SKイノベーションが四面楚歌状態となっている。米国国際貿易委員会(ITC)における訴訟での完敗を受け入れたことで、数兆ウォン台の損害が避けられなくなったのだ。米大統領の拒否権が最後の交渉カードとして残っているが、業界はそれさえも実現の可能性は低いと見ている。今回の訴訟が今後SKのバッテリー事業に及ぼす影響に注目が集まっている。


14日までの業界に対する取材を総合すると、SKイノベーションは大統領による検討期間中に交渉を終える方向で検討している。米大統領は60日間ITCの決定を検討した後に、政策上の理由で拒否権を行使できる。拒否権を発動しないまま期限が切れると、「10年の輸入禁止」などの措置に直ちに効力が発生する。起亜の「ニロEV」販売にもブレーキがかかる可能性がある。業界関係者は「今後2カ月はSKがある程度交渉力を持てる最後の期間」と述べた。



SKイノベーションがジョー・バイデン大統領にかける期待は大きくない。2013年に大統領が拒否権を行使したサムスン対アップルのケースとは異なり、今回はITCがすでに公益を考慮した一種の救済策を打ち出しているためだ。SKイノベーションの取引先であるドイツのフォルクスワーゲンは2年、米フォードは4年の猶予期間を得ている。その期間内に代替供給会社を探せとの趣旨だ。


米国の業界の視線も同様だ。最終決定直後に、フォードとフォルクスワーゲンがいずれも早期の合意を促した理由はここにある。フォードのジム・ファーリー最高経営責任者は11日(現地時間)、ツイッターで「供給会社2社が自発的に合意することが、米国メーカーと労働者にとって究極的には利益になる」と述べた。フォルクスワーゲンも文書で「究極的には両供給会社が法廷外で合意することを望む」との立場を表明した。拒否権の行使に言及したのは現時点でジョージア州のブライアン・ケンプ知事だけだ。



証券街は、最終決定によって合意金の規模がさらに大きくなると見ている。グローバル投資銀行クレディ・スイス(CS)は最近の報告書で「(最終決定以前は)LG化学が2兆~3兆ウォン(1890億~2840億円)を受け取るべきだと主張していたが、今や合意金は少なくとも5兆ウォン(約4730億円)になるだろう」と分析した。LGエネルギーソリューションも、さらなる圧力を加えている。ハン・ウンジェ法務室長は11日の懇談会で「SKの技術奪取による被害は欧州、韓国などの他の国でも発生していると判断する」とし「(他の国でも訴訟を起こすかは)基本的にSKの態度にかかっている」と述べた。


SKイノベーションとしては袋小路に追い込まれているかたちだ。数兆ウォンの示談金を支払うことになれば、いまだ赤字段階のバッテリー事業が原動力を失う危険性がある。昨年のバッテリー事業の売上は約1兆6000億ウォン(約1510億円)、営業損失は約4000億ウォン(約378億円)にのぼる。当面の金銭的損失の他にも危機の要因は多い。長期におよんだ不確実性の影響で、完成車メーカーとの関係が悪化する可能性も排除できない。同社の関係者は「このところ言及されている金額を実際に支払えば、事業が存続できるかどうかは不透明になる」とし「両社が協力つつ、LGも補償を受けられる案を提示し、返事を待っている」と述べた。



米国政界まで行った「LG・SKバッテリー紛争」


米国大統領選挙を1週間後に控えた先月27日、ウォール・ストリート・ジャーナルに「トランプは韓国紛争から抜け出なければならない」という見出しの寄稿文が掲載された。


米国際貿易委員会(ITC)でSKイノベーションと電気自動車用バッテリーの営業秘密侵害訴訟を行っているLG化学役員名義の寄稿文だった。寄稿の要旨は、ITCが12月10日にSKイノベーションの敗訴を決める場合、トランプ米大統領は拒否権を行使してはならないという主張だった。



まだ出ていないITCの最終決定を仮定し、その後のトランプ大統領の動きまで察して意見を提示した格好だ。大統領選挙が目前に近づいた敏感なタイミングでトランプ大統領を取り上げた、訴訟当事者である企業家の寄稿は注目された。


LG役員の寄稿は同紙のコラムニストが書いたコラムに対する読者投稿スタイルだった。これに先立ち同紙のコラムニストは「われわれみんなトランプが米国の雇用を脅かす厳しい決定を無効にする可能性が高いということを知っている。大統領はそのような権利がある」と書いた。トランプ大統領が雇用を守るために拒否権を行使する可能性が高く、当然そうすべきで、そうなる前にLG化学がSKイノベーションと和解するのが良いという趣旨のコラムだったが、これに反論した寄稿だった。



トランプ落選の直接的な原因となった可能性があるこの事案でついにSKが八方塞がりとなった。訴訟の相手は自国企業のLGだが、場所が米国だったことで輸出禁止などの厳しい措置が下る可能性がある。


日本には1ミリも関係ない話だったが、韓国企業同士の争いで悪事が明るみになるというのは興味深いね。まさに身から出た錆と言えるだろう。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ