Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

敗北確定、韓国がWTO局長選を辞退…アメリカ政府が韓国を裏切

 世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選に立候補していた韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ、Yoo Myung-hee)通商交渉本部長が5日、立候補を辞退した。韓国政府が発表した。これにより、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ(Ngozi Okonjo-Iweala)元財相が女性として、そしてアフリカ出身として初の事務局長となる道が開けた。



韓国産業通商資源省は声明で、兪氏は自身の主な支持国だった米国をはじめ、主要各国と協議した結果、「立候補を辞退する判断に至った」と説明した。


WTO事務局長の選出には、通常全会一致が必要となる。昨年任期途中で退任したロベルト・アゼベド(Roberto Azevedo)事務局長の後任選びは、主要国がオコンジョイウェアラ氏を推す一方、米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)前政権が同氏の任命に反対の立場を貫いていたことから、10月以降行き詰まっていた。



韓国には、核を保有する北朝鮮からの防衛のため、防衛同盟国である米国の兵士2万8500人が駐留している。一部の専門家らからは、兪氏を事務局長選にとどめるよう、韓国が米国から圧力を受けているとの見方も出ていた。


韓国側は、ジョー・バイデン(Joe Biden)米新大統領の就任から2週間で、兪氏の立候補を取り下げる判断をしたことになる。


複数の貿易交渉が停滞し、米中間の緊張緩和を導けずにきたWTOに対しては、新型コロナウイルスの感染拡大以前から、改革の必要性が広く指摘されてきていた。



WTO事務局長選でアメリカ政府が韓国を裏切って韓国代表を切り捨てる意向を公式に表明中。


次期WTO(世界貿易機関)事務局長として韓国のユ・ミョンヒ(兪明希)通商交渉本部長を支持していた米国が立場を変え、ナイジェリア候補の支持を表明した。


5日 ロイター通信によると、この日 米通商代表部(USTR)は ジョー・バイデン米政権がナイジェリアのヌコジ・オコンジョイウェアラ候補を強く支持することを明らかにした。


USTRは声明で、オコンジョイウェアラ候補が「経済学および国際外交分野に知識が豊富で、大規模な国際機構を運営したという立証された経験がある」として、その支持理由を説明した。


昨年 米国は、加盟国たちの支持が高かったオコンジョイウェアラ候補に対して事実上の拒否権を行使し、代わりにユ本部長を支持した。


昨年10月 USTRは声明を出し「米国はユ本部長を、次期WTO事務局長に選出することを支持する」と伝えた。



しかし 米国大統領選の開票が遅れたことで、当選者が順調に決定されないと考えたWTOは、事務局長選出のための会議を延期した。


今回 米国の立場が変わったのは、「親中国だ」としてWTOと対立していたドナルド・トランプ大統領が退き、バイデン大統領が新たに就任した影響が大きいものとみられる。


オコンジョイウェアラ候補が事務局長となれば、これは 25年のWTOの歴史上 初めて女性リーダーが誕生することになる。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ