Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国最大駆逐艦が日本海へ、中国公船4隻が日本領海に侵入

 防衛省統合幕僚監部は19日、中国海軍のレンハイ級ミサイル駆逐艦など艦艇計3隻が対馬海峡から日本海へ航行するのを確認したと発表した。レンハイ級は中国海軍最大規模の駆逐艦で、日本近海で活動するのを海上自衛隊が初めて確認した。領海侵入や海自艦艇、航空機への危険な行動はなかった。



日米両政府は16日に東京都内で外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開催し、中国を名指しで懸念を表明した。防衛省は、この時期に日本付近で大型艦艇を航行させた中国の意図を詳しく分析している。


一方、第11管区海上保安本部(那覇)によると、沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海警局の公船4隻が23日午後、日本領海に一時侵入した。1隻は機関砲のようなものを搭載していた。



中国海警局の武器使用規定を明文化した「海警法」が2月に施行された後、領海侵入は7回目。4隻は南小島南で領海に侵入し、2時間近く航行した後、そろって同島東から退去した。海上保安庁巡視船が退去を求め、外務省は東京と北京で中国側に厳重抗議した。


中国国防省は3月1日、領海侵入について「今後も常態化していく」と主張。領海外側の接続水域では22日まで38日間連続で中国公船が確認されていた。



南シナ海に中国漁船220隻が集結。


フィリピンが領有権を主張する南シナ海の海域にあるサンゴ礁周辺に、中国漁船およそ220隻が集結しているのが見つかった問題で、フィリピン政府は3月21日、中国に対し外交ルートを通じて抗議したことを発表した。



スプラトリー諸島のサンゴ礁周辺ということですが、写真を見ると漁船と言ってもかなり大きいですよね。壮絶な感じの写真です。それが横1列に並んでいる。これはもう艦隊行動ですよね。


そういう組織的な動きであることは間違いないと思います。こういう事態を、日本は教訓として見なければならないと思います。このような準軍事的な動きに対して、国はある程度、対処の仕方を考えておかなければならないと私は常に感じています。フィリピンはこういう形で抗議するということで、穏便に終わらせるのかも知れませんが、私はそういう対処は好きではありません。


そろそろ、中国に対して厳しい態度を示しましょうよ。米国や欧州諸国に足並み揃えて、必要なら法整備を早急に行なって、中国が嫌がる対応をしなければ!

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ